youtube

BBCが隠しカメラで撮った中国死刑囚の臓器売買現場と日本人ブローカー

follow us in feedly

中国では以前から死刑囚の臓器が売買されており、国際的な批判がありました。ようやく7月1日から「臓器移植技術の臨床応用管理に関する暫定規則」を施行し、さらに8月1日からは「死体の移動や処理等についての管理規則」が施行され臓器の売買が刑事罰に処せられるようになったそうですが、「立法措置だけで臓器売買を途絶できるか疑問の声が上がっている」(サーチナ中国情報局)といいます。
そんな臓器売買の現場をBBCが取材しB隠しカメラで収録した映像がYouTubeに掲載されています。やはり、臓器の売買は簡単にはなくならないようですね。人権問題は経済がグローバル化し、諸外国との安定的関係づくりの重要性が高まるにつれ、中国のアキレス腱となってきていることはいうまでもありません。
>>臓器売買を改めて禁止へ、違反行為は刑事責任問う
死刑囚の臓器使用に3条件=本人の書面同意など求める−中国



日本人ブローカーが登場
しかし、この死刑囚の臓器売買についても、よその国の問題だと済ませられないのが現実です。このビデオでも日本人ブローカーが登場し日本語で取材に答えています。日本はこの死刑囚の臓器のマーケットとなっており、多くの患者さんが移植を受けているのです。問題は複雑ですね。

刑が軽すぎる日本

さて、中国は刑が厳しく世界でも死刑執行がもっとも多いといわれています。
だから臓器ビジネスも成立するのでしょう。そのなかに政治犯も入っているところが問題ですが、逆に日本は凶悪な犯罪に対しても、また政治家や官僚の汚職にも刑が軽すぎるのじゃないかという疑問があります。
「美しい政治家」が不足しているのか、安倍内閣 と書いた早々に松岡農相政治資金規正法違反が発覚。それも「うっかり」で済ませようとするのですから、「美しい国」という言葉が空しく感じます。
中国は酷すぎるとしても、日本ではただでさえ刑が軽いところにもってきて、犯罪者側の人権ばかり尊重されすぎだという批判が高まってきています。
目を覆いたくなるような凶悪犯罪が増加してきていますが、殺人をしても死刑にならないことがほとんどであり、たとえ無期懲役となっても10数年経てば出所できるというのはどうなんでしょう。一人当たりに年間500万円も経費がかかっているそうで、そういったことも影響しているのかもしれません。それに死刑ですら、被害者感情からすればなぜ同じ死でしかないのかと納得できないでしょう。
罪を犯せばもっと恐ろしい罰が待っているということでないと凶悪な犯罪を抑止する効果がありません。池田小学校の事件の宅間被告といい、奈良の少女誘拐殺害事件の小林被告にしても死刑という判決になんら反応していません。人を殺すことにも、自らが死ぬこともなんとも思っていない犯罪者をどうすればいいのかをもうそろそろ考えてもいいのではないかと思います。
暴論ですが、いっそ収容を海外にアウトソーシングしてしまえばなんて思いますね。殺人の罪を犯すと、どこかの独裁国家の収容施設に送られ、一生を過ごさなければならないということになると、宅間被告にしても小林被告にしても、刑をいいわたされて平然と構えるということにならないのじゃないでしょうか。
それに人を殺したのなら、せめてもの罪滅ぼしに臓器を提供して人を救え!といいたいですね。

blogランキング「経営・マーケティング」で注目した記事
【TiVo人気の裏に隠されたアメリカTV番組の七不思議】笑biz(20位)

難しいこといわなくとも、TVCMはインターネットできっと変わる-1

follow us in feedly

インターネットを意識したCMを製作するといっても媒体費がとれないから、日本の広告代理店はやる気がないかもしれませんが、海外ではどんどんそういった CMが増えてきているようです。

イギリスHONDAのCivicのページから、"Civic choir (シヴィック聖歌隊)”というCMをダウンロードしてiPodで再生できます。なんと発表して1ヶ月で300万回ダウンロードされ、Civicのサイト そのものも1ヶ月で679,000人のアクセス(ユニーク・アクセス)があったそうです。
(参考:
welcome to optimism
聖歌隊のコーラスで効果音をつくるという芸術性の高いビデオで、 人気の高いこともうなずけます。YouTubeにもアップロードされていました。2種類ある片方ですがこちらをどうぞ。




ウィルスのように、知り合いの紹介から紹介を経て広がっていくことからバイラルCMといわれるVIDEOも紹介 された当初は面白CMが多かったように思いますが、質の高いものもでてきているようです。

最新の人気blogランキング

難しいこといわなくとも、TVCMはインターネットできっと変わる-2

follow us in feedly

面白CMというと、ドイツ人も英語の発音に弱いというジョークのような人気CMがあります。
”S”と”TH”は、学校で”TH”は歯と歯に舌をくっつけて発音するんだと何度も注意されたことを覚えていますが、日本人にとっては”S”も”TH”もカタカナでは「サシスセソ」の世界であり、聞き取るのも発声するのも難しいのですが、「ドイツ人よお前もか!」と驚くとともに、みんなそうなんだと妙に納得してしまうCMです。

シーンは、ドイツのCoastGuardの無線基地ですから、日本の海上保安庁みたいなものでしょう。そこに「メーデー!メーデー!(助けて!助けて!)」と救助を求める無線が飛び込んできます。さあ非常事態です。いったい彼はどう返答するのでしょうか。
笑ってやってください。
※ご注意 YouTubeが極端に遅くなっているようです。画像が表示されない場合は、しばらく後でもういちどご覧ください。


※ヒント
we are sinking. →sink=沈む
沈没しています!沈没しています!
What are you thinking about? →think=考える 
なにについて考えているのですか?

最新の人気blogランキング
モバイルにも強い
SFA営業支援システム
タイムラインも
営業ナビゲーターも標準搭載
スマートフォンでさらに
活用が広がります
actioncockpit
クラウドだから安心、便利、リーズナブル。
新世代SFA営業支援システム
アクションコックピット



そもそも
SFAとはなにかを知りたい方はこちら
SFAとは?
PR


記事検索
過去のエッセイ
講演・セミナー
講演・セミナーの講師ご依頼は
こちらまで
XML
  • ライブドアブログ