政治

板門店兵士亡命にも沈黙する金正恩はチキンレースから逃げた?

follow us in feedly

中距離弾道ミサイル「火星12」が発射された9月以降、北朝鮮が核・ミサイルに関しては沈黙を続けています。トランプ大統領のアジア訪問と、大規模な軍事訓練で緊張が高まるなか、移動式ミサイルの移動の気配が伝えられ、ミサイル発射実験が近いのではないかとの憶測も流れていましたが、実際に起こったのは板門店での兵士亡命事件でした。北朝鮮側から兵士を銃撃したものの、国境での交戦もないままです。

続きを読む

札束で習近平に実を取られたトランプ大統領

follow us in feedly

トランプ大統領の訪中は、「総額2500億ドル(約28兆円)相当の大型商談」のサプライズで終わりました。習近平主席はずいぶん大盤振る舞いの貢物を提供し、トランプ大統領はその成果を手土産に帰国するという展開です。札束外交とでも言うのでしょうか。

続きを読む

トランプさんの商魂に押し切られた韓国

follow us in feedly

晩餐会に元慰安婦の李容洙さんと抱擁したことと、竹島(独島)エビに日本のマスコミの関心が集中しましたが、なにを報道しているでしょうね。文在寅大統領は、慰安婦問題の日韓合意を仲介した米国に泥を塗っただけで、韓国自らがまた問題児であることを示してしまいました。

トランプ大統領には訪韓して欲しい、しかし訪韓に国内世論は厳しい、そんな状況のなかで、慰安婦問題と領土問題を使って国内を納得させる究極のポピュリズムに走ったということでしょうが、日本の国民感情がさらに悪化することは避けられません。
続きを読む

どれだけ文大統領に迫る?トランプ大統領の命運をも分けるソウル訪問

follow us in feedly

トランプ大統領の訪日が無事終わり、あとは「非常に重要なのは、日本が膨大な兵器を追加で買うことだ」というトランプ大統領の意に沿った厳しい交渉が始まるのでしょう。またタイミングが悪いというか、昨年は、米国の対日貿易赤字が増加し、ドイツを抜いて、中国に次ぐ第二位になったところです。まさか、約7兆7千億円の赤字分を自衛隊の装備で買えということにならなくとも、かなり厳しい要求になってきそうです。

続きを読む

おっさん内閣

follow us in feedly

第四次安倍内閣が発足しましたが、やけに地味な内閣です。全閣僚が再任され、女性閣僚は野田聖子総務大臣と上川陽子法務大臣の2名のままでした。タイミングが悪いというか、世界経済フォーラムが発表した2017年版の世界の男女平等度ランキングで、144か国中114位と、昨年より順位を三つ下げて過去最低を更新した記事と重なると、日本の現実、限界を見事に象徴した組閣にみえてきます。
日本のジェンダーギャップ指数、過去最低を更新 114位に :
続きを読む

さあ改憲議論をはじめよう

follow us in feedly

今回の選挙で国民が得た成果は、民進党分裂で国民の選択肢が増える可能性がでてきたことと、ようやくこれまで憲法を議論することをタブー視し避けてきた時代から日本はようやく抜け出す機会を得たことではないでしょうか。しかし、改憲については逆に難しくなったかもしれません。なぜなら、こちらも具体案になるとさまざまな選択肢が生まれてくる可能性が高いからです。続きを読む

足元が揺らぐトランプ大統領

follow us in feedly

訪問を控えたアジアではトランプ大統領は、アジア情勢の鍵を握る大統領としていやがおうでも注目が集まります。しかし、肝心のアメリカ本土では、9月にはやや持ち直した支持率がまた低下しています。ウォール・ストリート・ジャーナルとNBCテレビの共同世論調査では、支持率が50%から38%と就任以来の最低水準に落ち込み、不支持率が58%にも達しています。
トランプ氏支持率が最低更新=北朝鮮政策に不安も−米世論調査:時事ドットコム : 続きを読む

うんざりするマスコミの永田町井戸端会議

follow us in feedly

いやはや、よってたかって敗者を叩いたところでなんの国民の利益にならないにも関わらず、マスコミは希望の党批判一色です。さらに民進党が分裂したことが問題で、それが与党を勝たせたといった話の展開が多いのですが、どうでしょうか。民進党はまさに沈みゆく泥船で、離党する人たちが相次いでいたことを忘れてしまったようです。今回は「希望の党」ブランドがマイナス効果となったように、「民進党」ブランドも候補者の足を引っ張っていたはずです。民進党が分裂しないで選挙に望んでいても、やはり与党が大勝していたように思います。得票も単純に(希望+立憲民主)になっていたとは限りません。続きを読む

目が離せないのはむしろ「選挙後」です

follow us in feedly

政党地図に大きな変化が始まっています。それは国民の考え方に、できるだけ選択肢を合わせる政治体制を築くチャレンジです。日本は長い間、政治は亡霊のような対立がつづき、国民の選択が狭められてきました。典型的には、憲法改正についても、改正の中味はほとんど議論されないまま、改憲か、護憲かで塩漬けになり、安全保障も本来は、防衛力、経済力、外交力の総合力ですが、防衛力強化か、平和外交かといったオンかオフかの議論から一歩も進展しません。政治は国民生活とは遠い舞台で回ってきたのです。続きを読む

酷い選挙になってきた

follow us in feedly

マスコミだけでなく、ネットでも凄まじい希望の党潰しの情報戦が繰り広げられています。長谷川さんや上杉さんというなにかと問題を抱えた方たちが希望の党から出馬するなど、悪意に満ちた怪しげな情報も流れていました。実際は長谷川さんは松井代表浪花節で維新の会公認になったそうです。
続きを読む

保保対立で、やがて政治が国民に近づいてくる

follow us in feedly

枝野さんが、立憲民主党を立ち上げました。ほんのすこしだけ、政治がわかりやすくなったように思われます。従来の「保守」か「革新」という対立軸で、違いを見いだそうとする人びとや、とくに頭の固いマスコミや政治評論家にはウケるかもしれません。また立憲民主党には同情票も集まりそうです。続きを読む

新党ブームで経済が停滞したという安倍さんの嘘

follow us in feedly

民進党が融解し、希望の党に吸収される思わぬ事態に、解散を決めたときの思惑とは想像外の状況になったせいか、最初は同じ改憲勢力として笑顔で希望の党について語っていた安倍さんが、希望の党への戦闘モードに一変しました。そして、よほど焦ったのか、渋谷の街頭演説で、新党ブームが日本の経済を長期に渡って停滞させてしまったと演説されていましたが、これはあきらかにイエローカードです。焦ってつい出てしまった嘘だったのでしょうか。若い世代の方は実感はないと思いますが、経済の変化、時代の変化の激流に振り回されてきた世代からすると、なにを冗談をおっしゃっているのかと思ってしまいます。続きを読む

小池劇場は面白い。けれどまだ役者が足りない

follow us in feedly

このところ、「希望の党」が台風の目になり、あちらこちらから、いろいろな変化球が投げられてきています。地震などの自然現象と同じで、もともと国民にストレスが溜まって、一線を超えると、「日本死ね」みたいな怒りになったり、ジャンヌ・ダルクよろしく、華も棘もある女性が先頭に立って「新党」らしきものが登場してくると、今までは受け皿がないので、自民党に一票を投じ、安倍内閣を支持していた人も、もう安倍さんはごめんだ、政治の流れを変えたいとなってきます。

続きを読む

岡田さんは政治から引退した方がいい

follow us in feedly

民進党を泥舟にした責任の多くを背負っている岡田さんが、またピントのぼけたことをおっしゃっています。今回の選挙で野党が勝たなければならないけれど、小池新党は小選挙区で勝てない人たちの駆け込み寺のような存在になりつつあり、政権交代可能な政治、それを実現できるのは、地域に根を張り、実績を重ねてきた民進党だそうです。ほんとうにそう思っていらっしゃるのでしょうか。

続きを読む

大義のない国会解散。やりようによっては小池新党にチャンス

follow us in feedly

安倍内閣による、安倍内閣のための国会解散に、与野党の国会議員の先生たちはすっかり選挙モードに走っておられるとか。しかし、なにが争点なのかが未だにわからない国会解散は、安室奈美恵さんの引退表明、過激なトランプ大統領の国連演説の衝撃ですっかり影が薄くなってしまいました。それにして多くの人たちが安室さんの引退表明にショックを受け、涙を流したことで、安室さんが、国民的歌手だということをあらためて感じさせられます。続きを読む

「一院制」の議論に期待します

follow us in feedly

日本ファーストの若狭衆院議員は年内の結成をめざす国政新党について、いまの衆参二院制を一院制に変えるための憲法改正を目玉政策に掲げる方針を発表したそうです。「一院制」については維新の会も掲げていたことですが、維新の足立議員がなにの意図があるのか、若狭議員批判をアゴラに投稿しました。
一院制?若狭衆院議員の軽薄で短絡的な提案に唖然 – アゴラ :続きを読む

北朝鮮核ミサイルの脅威が内閣支持率を押し上げ

follow us in feedly

北朝鮮のミサイルが北海道上空を通過してけたたましくJアラートがなり、さらに核実験までもが強行され、メディアが連日北朝鮮の脅威を報じたときに、これで安倍内閣支持率は上がるだろうと感じていました。やはり、そのとおりになったようです。NHKの世論調査では、安倍内閣を「支持する」が先月より5ポイント上昇し44%となり、「支持しない」は7ポイント下がった36%で、3か月ぶりに「支持する」が「支持しない」を上回る結果でした。調査方法から数字に違いがあるとしても各社の結果も似た傾向です。ただ想定していたよりも支持率上昇が少なかったと感じています。

続きを読む

地方から融解しはじめた自民党

follow us in feedly

山尾議員の不倫問題はメディアにとっての美味しい餌だとしても、それはプライバシーの問題で、政治とは関係ないことだといえば非難が殺到しそうなのが日本です。しかし、政治という点では、不倫問題よりも、理念も体質もまったく異なる政党が手を組むほうがはるかに気持ち悪く、それは国民や地域住民の利益に反する可能性すらあるように思います。

続きを読む

厳しい民進党の再建

follow us in feedly

枝野さんが代表になって民進党が分裂し、組合とのしがらみのない新党が生まれるほうが野党再編には近道なのでしょうが、前原さんが代表に選ばれ、ややこしいなと感じていたところ、山尾幹事長人事で失敗し、新鮮味のないメンバーの幹部が揃う相当厳しい船出となりました。少し遠回りになりましたが、これで、自民党と拮抗する野党としての民進党を立て直すという発想が、夢や幻でしかなかったことがはっきりしてくると思います。

続きを読む

石油パイプ爆破ぐらいしないと核ミサイル開発を止めそうにない北朝鮮

follow us in feedly

昨日の北朝鮮の核実験は、北朝鮮の脅威が新たな段階に迫ってきたことを感じさせます。アメリカにICBMが届くようになるのも時間の問題でしょう。北朝鮮は日本を相手にしていませんが、日本はすでに北朝鮮の核攻撃の射程距離のなかに入っていると考えるべきです。また、ようやく日本にも安全保障のあり方について議論を深める必要性が迫られてきているように感じます。

続きを読む

Jアラートに賛否があるのはいいことです

follow us in feedly

Jアラートにさまざまな意見があり評価がわかれています。典型的には堀江貴文さんの「「こんなんで起こすなクソ」発言があり、炎上したという話もありました。しかし、はたして、国民が自らの命を守るということで、ほんとうにJアラートが有効なのかは、いろいろな意見があって当然だと思いますが、すくなくとも北朝鮮の脅威を実感するには役立ちます。しかし一方ではいたずらに恐怖心を煽り、国民をミスリードさせることにもつながりかねないのも事実ですが、どのようなものでも使いようです。
続きを読む

しばらくは回復基調が続きそうな安倍内閣支持率

follow us in feedly

安倍内閣応援団のなかには世論調査に関しての知識があまりない人もいて、ネットでは、支持率急落はマスコミの情報操作がそうさせたと息巻く書き込みも散見されありました。現実が自分の思い通りにならないときになぜそうなったかを考えるよりは、世論調査や、マスコミが悪いと決めつけるほうがきっと精神衛生にいいからでしょう。続きを読む

政治家の政治家による政治家のためのブラックマネー

follow us in feedly

また兵庫県で政務活動費に関した不正疑惑です。今井議員との不倫疑惑でメディアの火祭り状態にある橋本神戸市議による「ハシケン通信」と題したチラシの印刷費です。週刊新潮の記事によると、2010〜14年度の5年間で計12回発行したうちの8回・計56万5000部を「大林印刷」(仮名)という業者に発注しているのですが、計720万5330円分を政活費として支払ったということです。

週刊誌の調査力恐るべしです。たまに週刊誌や雑誌社から電話取材を受けることがありますが、そのたびに取材の丁寧さを感じます。
今井絵理子と不倫の市議に浮上、700万円「政務活動費」疑惑 | デイリー新潮 : 

続きを読む

前原、枝野代表選一騎打ちと言う割には盛り上がらない

follow us in feedly

いったい民進党が誰のために、何の実現を目指した政党なのかがよくわかりませんが、前原さんと枝野さんで代表戦は一騎打ちだそうです。一騎打ちというわりには盛り上がりに欠けていることが今の民進党を象徴しているように感じます。だから焦点が野党共闘のあり方の議論になってしまうのでしょうか。



続きを読む

小野寺さん、北朝鮮ミサイルをほんとうに撃ち落とせますか

follow us in feedly

昨日は混雑を避けながら、京都の日本海側の舟屋が並ぶ伊根町から 、丹後半島の先端、近畿地方の最北端にある経ヶ岬(きょうがみさき)を通るコースをドライブしたのですが、経ヶ岬と聞いて何が思い浮かびますか。一帯は、「丹後天橋立大江山国定公園」に指定されている風光明媚でのどかな地域です。
経ヶ岬という場所は地名も聞いたこともないという方が多いとは思いますが、灯台、リアス式海岸の断崖絶壁、そこに生息するはやぶさ、そして袖志の棚田があり、とくに写真好きの方には馴染みの場所かもしれません。このブログでも以前、伊根町の舟屋と経ヶ岬灯台の写真をアップしています。
大西 宏のマーケティング・エッセンス : 丹後半島 : 
続きを読む

そろそろ安倍総理は加計学園問題の終息を

follow us in feedly

未だにさまざまな疑惑がでてきて、加計学園をめぐる問題がスッキリしません。しかしそろそろ幕引きにしてもらいたいという思いを持つ人もすくなくないと思います。しかし疑惑がある限り、それを糺すのが野党やマスコミの仕事なので、この問題を国民が納得する方法で終わらせるのは総理の責任です。
学部新設、面会後に動く 首相秘書官、加計幹部に応対 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース :
続きを読む

「第二自民党」でも民意に近い選択肢が増えればいい

follow us in feedly

強い野党がなくなり、緊張感を失った政治は政権の緩みを生み、その図式どおりに安倍内閣が陥り、政権への不信感を広げました。当然のことですが、どの内閣であっても、健全でありつづけるためには、拮抗し、政策をチェックし、権力の腐敗を監視できるパワーが必要になってきます。そして与野党が競い合うことによって、国民の政治への関心も高まり、さらに政治のレベルも高まっていく善循環を描いていくことが理想です。

さて、本来なら第一野党としてそんな政権への拮抗力となる役割を期待されていたはずの民進党ですが、自民党以上に液状化状態に落ち込んでしまいました。そんな民進党の代表選が近づいています。ただあまり注目度も期待感も高いとはいえないように感じます。

続きを読む

民進党は「顔」選びではなく、再生の「戦略」コンペを

follow us in feedly

野田幹事長に続いて民進党の蓮舫代表が辞任されました。稲田防衛相と同日の辞任というのもなにかの縁でしょうか。ところで安倍内閣の支持率下落は、総理悲願の憲法改正を困難にしただけでなく、状況によっては次の総選挙で過半数を割る事態すら想定されます。とくに女性の安倍内閣離れは支持率回復の困難さを物語っているように感じます。
 
続きを読む

加計学園がダイヤモンド?維新も地に落ちた

follow us in feedly

大阪維新の失敗作が日本維新で、それを象徴するのが加計学園をめぐる審議での維新の立ち位置です。安倍内閣擁護にまわり、野党攻撃に終始する姿は、ネトウヨからは拍手喝采を受けても、国民からは共感されません。安倍内閣にとリ入って政権への影響力を持とうという立ち位置では、政治を地方に取り戻そうというあの情熱や理念は微塵も感じられないところがみっともないところです。
その維新の足立議員が、自らの言葉に酔った勢いのすえか、加計学園は岩盤規制に穴を開けるドリル先端の「ダイヤモンド」とは恐れ入りました。


続きを読む

官僚に蔓延する恐ろしい伝染病

follow us in feedly

日本の官僚の上層部が冒されてきている疑いのある新種の伝染病があきらかになりました。感染性認知症症候群です。認知症と言えば、最近では、認知症を患っっておられる大山のぶ代さんのお世話をなさっていた砂川啓介さんがお亡くなりになったニュースが流れたばかりです。一般の認知症との違いは、人から人へ伝染していくことです。

症状は、「記憶にない」「記録にない」を連発することが特徴ですが、「記録にない」も、電子データ時代は、意図的に都合の悪いことを隠蔽のためにデータ消去する以外は記録がなくなるわけがないので、おそらく症状が悪化し、データの保管先すら思い出せなくなってしまっているのでしょう。

続きを読む
メールマガジンのご案内

Foomii


購読料515円/月
毎水曜日発行
PR


商品検索
モバイルにも強い
SFA営業支援システム
タイムラインも
営業ナビゲーターも標準搭載
スマートフォンでさらに
活用が広がります
actioncockpit
クラウド型
新世代SFA営業支援システム
アクションコックピット


そもそも
SFAとはなにかを知りたい方はこちら
SFAとは?
記事検索
過去のエッセイ
大西 宏のプロフィール
マーケティングの実践の畑を歩んできました。生活用品・インテリア・化粧品・デジカメ・産業財など多くのジャンルに関わってきましたが、CI、人事システム、情報システム開発などのプロジェクトも体験しており本職がなにかを疑われそうです。
バブル以降、マーケティングは冬の時代であったと思いますが、昨今は、マーケティングを見直す機運が高まってきており嬉しい限りです。

■コア・コンセプト研究所代表取締役
■ビジネスラボ代表取締役

メールmail
講演・セミナー
講演・セミナーの講師ご依頼は
こちらまで
XML
  • ライブドアブログ