ブログ「珠丸の覚書」をご存じの方は多いと思います。「珠丸」さんは、木村剛さんのブログがきっかけとなり始まった、民間人による「公的年金タスクフォース」のメンバーでもいらっしゃいます。
さて、ブログ「珠丸の覚書」で、「利用最多のブログは『ウェブリブログ』、満足度では『楽天』」というタイトルのエントリーがありました。このデータは、ネットアンドセキュリティ総研が発表したアンケート結果でしたが、正直、『ウェブリブログ』?、ほとんど見かけません。俄には信じられないアンケート結果です。『珠丸』さんも思わず、次のように書いていらっしゃいます。



うーん?

「ウェブリブログ」のユーザーって、ぶっちゃけ全く見たことないんですが。ていうか白状すると「ウェブリブログ」って名前初めて聞いたYO。。。○| ̄|_

マーケティングの世界に長い間いると、「それほんと?」という異常データに出会ったときに放っておけない性格になってます。なぜなら、そこに宝石のような新しい大発見があるか、アンケートの方法に問題があったか、たんにデータが間違っているかのいずれかだからです。

さっそく、直接比較するデータを持ち合わせていないので、間接的に『ウェブリブログ』を提供しているBIGLOBEとデータで第二位となっているLivedoorとのアクセス状況を例のAlexaをつかってトラフィック量のチェックしてみました。グラフはランキングの比較ですが、BOGLOBEはトラフィックが下降ぎみで、10月で急進してきたLivedoorに抜かれています。Livedoorのアクセスが飛躍した大きな原因がブログと思われるだけに、ますます怪しいですね。

発表された記事によると、
「ブログを作成している人が最も利用しているサービスサイトのトップは「ウェブリブログ」で率にして16.2%に達した。以下、ライブドアの「livedoor Blog」(10.2%)、ニフティの「ココログ」(8.5%)、エキサイトの「エキサイトブログ」(8.1%)、gooの「goo BLOG」(7.9%)の順」だそうですが、素直に考えると、ライブドアのブログがおよそ20万サイトですから、ウェブリブログのブログが30万を超しているということになります。

実際に私たちが数多く接するブログで、URLが"XXX.at.webry.info"となっているウェブリブログはあまり見かけません。30万サイトもあればもっと日常的に遭遇するはずです。やはりかなり信憑性が疑わしいといわざるをえません。

いろいろ想像が駆けめぐってきます。こういう場合、最初に疑るのは誰を対象にアンケートを実施したかです。Biglobe利用者を対象にしたアンケートなら、そういう結果となってもおかしくありません。インターネットを使った調査ではもっとも注意しなければならないことです。
次に、Biglobeが最初からブログのついたなんらかのサービスを展開して、ちょっとやったという人たちをたくさん抱えているということが考えられます。
さらに、ブログというまだ一般には馴染みないことに関したアンケートなのでアンケートに答えた人たちが間違って答えたのかもしれません。その場合は、アンケートを設計した人のミスです。
いずれにしても、このアンケート結果を発表した会社も、それを記事として採用した日経BPもちょっと感性がなさすぎるように思います。その結果が普通のブログを利用している人たちの感覚と違うと感じたら、もっとコメントがあってしかるべきです。あるいはアンケートした人も、記事として取り上げた人もブログをほとんど利用していないので、それが「思わぬデータ」だという気づきもないのかもしれません。
せっかくのアンケートも下手をすると、アンケートを実施した会社そのもの、それを発表した会社そのもの信用問題にもなりかねませんね。
データは素直に解釈すべきですが、まずは「ほんとうかな?」という素直な疑問を持つことも大切だと思います。

↓おひとり、おひとつのクリックが元気の素になっています。

 人気blogランキング

ありがとうございます。(^_^.)