オリックスというよりバファローズの岩隈投手が、統合球団入りに難色を示していたにもかかわらず、プロテクト枠にはいり注目されていましたが、統合球団ではプレーする気持ちにならないとしてトレードを志願する意志を固めたようです。最悪の場合は引退ということも覚悟の上の決意だといいます。
プロ野球に走った激震もそっちのけで、近鉄との合併を強引に進め、選手強化と大阪ドームのフランチャイズ権を得るという、まるで濡れ手で泡のオリックスですが、選手やファンは、金利のように計算どおりには動きませんよという宣言のように感じます
そういえば、オリックスの小泉球団社長は選手会のストに際しても威圧的な態度で望みました。どんな危機がおころうが、合併によってさまざまな歪みが起こってきても、あくまで合併によって得た利権を手放さないというかたくなな態度でした。プロ野球もビジネスであることは間違いありませんが、ファンの支持があって成立するビジネスということを忘れているのではないかという印象すら受けました。
オリックスは、近鉄との合併効果で、バファローズファンをも取り込めるという計算しているでしょうが、岩隈投手と同じように、統合球団の応援はしたくないと離れていくファンも多いと思います。
オリックスがファンや社会の信頼を取り戻すためには球界改革で、他の球団より汗をかくこと以外にはないのではないでしょうか。
岩隈投手は合併の超目玉選手というだけでなく、日本のプロ野球の財産だといっていい選手だと思います。さあ、オリックスさんはどうされるのでしょうか?
それはさておき、岩隈投手を一番欲しいのは巨人の堀内監督だと思いますが、そうなると、ちょっと興ざめですねぇ。

↓おひとり、おひとつのクリックが励みになっています。

 人気blogランキング

ありがとうございます。(^_^.)