ダイエーが福岡ホークス売却へ方針転換を行い、また鍵を握っているコロニー社も、「球団への熱意を感じた。宣伝効果だけではなく、チームをしっかり運営することを念頭においている。それが一番大事」(サンケイスポーツ)とソフトバンク歓迎の意向であり、ソフトバンクによる福岡ホークスの買収が決定的になりました。後は買収条件の詰めと、優勝セールのために一部の株を残したいとするダイエーと全株売却を求める再生機構との攻防を残すだけです。
近鉄とオリックスの合併から始まり、ライブドアの近鉄買収意向の発表を機に揺れに揺れたプロ野球騒動でしたが、ホークス買収が実現すれば、ソフトバンクが一番得をしたことになりますね。日刊スポーツによると、コロニー社とダイエーの間で売却を円滑に行うために、売却額は50億円という取り決めがあるようで、そうなると激安で人気球団を手に入れることができます。まさに濡れ手に粟です。サンケイスポーツの速報では、ソフトバンクはコロニー社からの興行権も取得も含め150億円を軸に調整を進めているそうです。
ライブドアも得をしました。今や誰もが知るライブドアです。保守的で、時代の変化に対応できなくなってしまっていたプロ野球界に風穴を開けたご褒美かもしれません。
さて西武鉄道のライオンズ保有がどうなるかはまだ不透明さが残っていますが、それも条件次第で解決できる問題であり、当面の危機は乗り切ることができるようになったのではないでしょうか。ただ本質的な問題が解決したわけではありません。今季のプロ野球騒動の影響で来シーズンはさらに人気が落ちることが十分に予想されます。
マーケティングでは、解決すべき課題を明確にしていくことを重視します。なにを解決していくべきかという目標がはっきりしないと、なにをすればいいのかも見えてこないからです。そんな視点で課題を整理してみたいと思いますが、ひと言で言うなら、「パラダイム(基本的な考え方や枠組み)そのものを変えろ」ということだと思います。
「野球で育った世代が面白い」から「野球を知らない世代でも面白い」へ

これまで野球を支えてきた世代は小さいときからキャッチボールで育ち、公園で三角ベースをやって遊び、野球はTVでの人気番組、野球選手はヒーローでした。わに庭さんから「うーん…野球離れって、かなり深刻ですよ」というコメントをいただきましたが、昔のように子供たちが日常でキャッチボールや野球を楽しむ環境がなくなってしまい、野球を知らない子供たちが増えてきています。そんな環境を変えるというのはプロ野球ができることではありません。しかし、子供は名選手と握手することだけでも変わってしまいます。それが大切な思い出となり、野球をしなくとも、野球を好きになって貰うことはいくらでもできるはずです。
野球はあまり知らなかったけれど、たまたま誘われて球場に行って、あの熱い応援と「六甲おろし」の大合唱を経験して、すっかり阪神ファンになってしまった人を知っていますが、それでいいのだと思います。野球はサービス産業であり、エンターテインメント産業だという意識を選手も球団も、球界全体も持つべきですね。怖い老人がでてきて怒鳴るイメージについてくる人は誰もいません。

「タニマチ経営」から「自立する球団経営」へ

変化する時代には、オーナー企業が長期に安定的に球団保有ができる保証などどこにもありません。リスクを回避するためには、いつでも経営が厳しくなったり問題を起こしたオーナーから新しいオーナーと交替できるようにすることが必要です。球団経営の透明化をはかったり、機構が球団の経営を審査するしくみ、球団売買の取引のしくみをつくるといったことも考えられますね。
近鉄がもともと求めていたネーミングライツ(球団名の使用権)を売ることを否定したこともよくありません。球団の経営の透明性を高めるためには、いかにオーナー企業が親会社とはいえ、企業名を冠にすることは広告であり、最終的には連結で決算されるとしても球団の広告収入としてしかるべきです。アイデアはいくらでも考えられますが、野球を知らないナベツネにかき回されたという反省にたって、タニマチ経営から脱却して、球団経営の独立性を保証すると球団経営は活性化し、経営努力が促されます。

「放映権料依存」から「観客動員数競争」へ

この転換が一番難航しそうですね。利権は離したくありません。しかし、巨人軍とのゲームの放映権料は先細りする一方になります。すでに巨人戦でのCM料は半値になりつつあるという記事がどこかにありました。とはいえ、今でもプロ野球がコンテンツとしての価値があることはいうまでもありません。さかんにIT企業が参入したがっているのは、プロ野球のコンテンツとしての魅力です。ブロードバンドでプロ野球中継をすれば、今なら利用者の拡大の大きな武器になるからです。コンテンツとしての価値を決めるのは熱いファンの数です。観客数を収入配分の基準にすれば各球団も必死になります。
面白いゲーム、緊迫するゲームをやって、地元のファンとの交流を広げ、ファンサービスに工夫して、ひとりでもファンを増やせば、収入増になりますからね。一番困難な課題が、改革には一番効果があるというのが常です。

まだまだ、改革の視点はあると思います。プロ野球機構も、どんどん改革案を議論して、おおいにプロ野球界を面白くして欲しいものです。ついでですが、プロ野球が国民スポーツとか公共財というのなら、すべての試合の開始時は日の丸の掲揚と国歌斉唱をやったらどうなんでしょうね。国旗も国歌も、教育委員会が押しつけるとうのは品がありません。スポーツを通して、自然に親しみ、好きになることが大切だと思います。

↓おひとり、おひとつのクリックが元気の素になっています。

 人気blogランキング

ありがとうございます。(^_^.)