大阪の地下鉄に乗ったとたんに、こんな言葉が目に飛び込んできました。どきっとして、思わずあたりを見回してしまいました。なにか悪口が書いてあるのかもしれない。もうすっかりブログが生活の一部になり、きっとブロッガーといわれる人種になりつつあることは間違いないので、一瞬、自分自身のことが書かれているような錯覚に落ちたのです。(ちょっと自意識過剰です)さりげなく眺めているふりをして、じっくり読んでみると、なんと、関西人には、なじみの深い「梅花女子大学・梅花女子短期大学」の広告のポスターでした。この大学は、チア・りーディングのチームもかなり有名なのでそちらのほうでご存じの方も多いかと思います。
しかも、コピーもなかなか気がきいています。さっそく、帰宅してホームページをみました。ブログがありました。生の声で「梅花」と「梅花ピープル」を感じてもらうという、とても素敵なマーケティングです。
まずは、広告をご紹介しましょう。


ブロガーって知ってる?


すでに一部ではたいそう評判。けれど大部分が「???」のインターネットのコミュニケーションスタイル「ブログ」(weblog)。簡単に言うと、だれか特定の人が「コラム」や「思い」をweb上に綴り、それを見ているみんなが「あーだーこーだ」参加してやれる仕組み。Web日記となにが違うの?・・・そんな難しいことは聞いちゃイヤ。ともかくその発端となる「思いを語る人」こそが「ブロガー」なのであります。私たち梅花女子大学は、このたび無謀にも在学生、教授などにブロガーを依頼。HP上で校閲なしに放出する所存であります。高校生のみなさんにジャンジャン来ていただいて、私たちの大学のナマの姿を知り、フツウは聞きにくい大学生活への質問なども投げかけてもらえたらこれ幸い。おまけにこれを機に今後ブレイク間違いなしの「ブログ」なるものを、いち早く体験して頂くのも悪くないかな、なんていい人ぶったことも考えているのでありました。

名付けて「BAIKA Blog」。教員、在学生。卒業生それぞれ6名のブログが展開されていす。まだ、大学のPRが主な目的のようですが、もっとブロッガーの厚みが出てくると、大学の魅力そのものがどんどん増してくると思います。ブログを教育に利用するという可能性もあるのではないでしょうか。将来が楽しみですね。 いずれにしても、東京発に偏りがちな時代に、関西の大学、しかも伝統的な女子大が、こういった新しい試みをしてくれていることは嬉しいことです。

余談ですが、ブログ・ニュースを見ると、チア・リーディング部レイダーズがジャパンカップで準優勝されたそうです。おめでとうございます。

追記
ポスターのコピーが欲しくて、梅花女子大に電話したところ、快く応じていただけました。こころから御礼を申し上げます。

↓おひとり、おひとつのクリックが元気の素になっています。
 人気blogランキング
ありがとうございます。(^_^.)