第二次小泉内閣は、「郵政民営化内閣」だそうです。ところでなぜ郵政を民営化するのかをおわかりになる方はどれぐらいいらっしゃるのでしょうか。まわりに聞いてもみなさん「わからない」という人がほとんどです。それが当然だと思います。なぜ民営化しないといけないかというよりは、どのように民営化するのかと言う話ばかりだからです。そもそも民営化というのは手段であって目的ではありません。民営化基本方針というのがありますが、これは、民間の普通の会社なら「君ねえ、どうするかばかり書いているけれど、肝心の目的はいったい何なんだ。出直してきたまえ!」といって突き返されますね。また、反対を叫ぶ人たちもみっともない。利権と票田を守ろうとしている姿しか見えてきません。「本来は、こうすべきだ」というのではなく「変えたら駄目だ」ですから話になりません。利権を持たない市民からすればしらけます。
そもそも道路公団の民営化だってそうでした。何のための民営化なのかという目的のコンセンサスがないままに議論しはじめたから、委員会も分裂してしまい、なにがなんだかわからないままに決まってしまいました。高速道路は無料化する約束だったはずが、もう無料化されることがなくなりました。政府はいいですね。約束をやぶっても平気なんだから。すくなくともごめんなさいぐらいは言うべきでしょう。
郵政民営化の話は、財政改革からスタートしたのではなかった?違うのかな?よくわかりません。郵貯・簡保に集まった巨額の資金が、無駄で無責任で非効率な「官」の事業に流れる構造を改めましょうという話。資金入り口となっている郵貯や簡保を民営化すれば、返済可能かどうかの審査や担保なしに貸し出すことはなくなるということではなかったのでしょうか。それならば、資金をどう絶つかというアプローチもあれば、資金が流れる先を減らすというアプローチもあるはずです。
しかも、それがいつの間にか、民営化すればコンビニもできる、福祉事業もできる、民営化すれば効率もあがり、郵便局の未来は明るいぞという話にすりかわってきました。民間企業になれば税収もはいるとかね。効率化なら郵政公社よりももっと、「官」の事業の効率化を考えないといけないはずです。まずは官僚の無駄遣いをやめさせるべきです。
谷垣財務相でしょうか。財政赤字はTVで福祉予算を削るしかないということでしたが、この人もセンスがないですね。まずは、「無駄から削る」それが普通の経営です。それをやらないでいきなり、「増税だ」「福祉カットだ」では誰も納得しません。ILOの調査では、もっとも豊かであるはずの日本は、将来も安心できる国というランクでは、ついに世界15位になってしましました。政治家と官僚がつくった無駄で将来が先細りになってしまったのです。
民間企業に勤めたこともない人だから、「民営化すればバラ色」なんて考えるのでしょうね。民間企業には倒産というリスクもあるという現実もすっかり忘れています。
逆もあるのです。ゆうパックのように、競争相手には参入のハンディをつけて、競争相手の土俵には利益を無視して土足で踏み込むということが当然起こってきます。郵貯にしても巨大な銀行が突然登場するのですから市場は混乱します。地銀や信用金庫はひとたまりもありません。

目的のコンセンサスのないままに進んでいくとどうなるのかは、目に見えています。民主党も組合に遠慮して無抵抗勢力になりそうです。政府と「民営化反対勢力」がもめているという政治のショーが繰り広げられ、反対勢力がごねにごねて最後は「実」をとるのです。それで糞まみれの「民営化」が仕上がって、万歳!もうこんな茶番劇には付き合いたくないのです。

↓おひとり、おひとつのクリックが元気の素になっています。
 人気blogランキング
ありがとうございます。(^_^.)