ブログをはじめて、もうすぐ半年になります。最近、トラックバックやコメントがずいぶんいただけるようになりました。本当に感謝しています。「継続は力」なのかもしれません。
最近、まわりの人から「ブログ、面白いね」とおっしゃっていただくことが増えました。お聞きすると、このブログに寄せて頂いたトラックバックやコメントを読むのがとても面白くて、楽しみにされているのだそうです。


まずは、本人が書いたことを褒めてよといいたいところですが、本質をついていますね。ブログはトラックバックやコメントで厚みがぐっと増えます。コンテンツとしての価値が広がってきます。当たり前じゃないかと非難されそうですが・・・

また、ペンネームでなく実名で書いているメリットがあります。ブログでの話題がインターネットを超えて、リアルな世界にも広がることです。
実際、ブログをやっていない方でも、ブログを読んでいる人が多いことを肌身に感じています。
この前も行きつけの居酒屋さんで、突然常連の方から「野球が好きなんですね」っていわれました。「えっ、どうしてですか」と聞いたら、このブログのことでした。そこからまた話が広がりました。ブログが酒の肴にもなるんですね。それは冗談として、いろいろ書いた事へのご意見やアドバイスをいただくこともずいぶんあります。

違う観点ですが、ブログのコメントやトラックバックとリアルな世界を結びつけると言う点では、ライブドアの堀江社長が浮かんできます。この前、たまたま見たTVで、ライブドアの社内会議のシーンが映っていました。堀江社長が檄を飛ばしているシーンでした。話の内容は想像がつきました。きっと社長日記に寄せられたクレームの件でしょう。あまりに内容がぴったりでした。トップにお客さまの声が直接はいってくる会社って、働く方は大変でしょうね。ごまかせません。

ブログですが、ひとつ確信があります。団塊の世代がリタイヤしはじめる数年後、ブログの世界はもっと広がってくると思います。リタイヤして、新しいステージに立とうとする時に、ブログは相当役立ちそうです。仕事からの制約もなくなり、書く時間も増えます。そうなるとブログを制する会社が、この世代のマーケットを押さえるのかもしれません。

↓おひとり、おひとつのクリックが元気の素になっています。
 人気blogランキング
ありがとうございます。(^_^.)