東京五輪組織委員会・森喜朗会長が、豊洲がどうなるのかに世間の目が集まっているこのタイミングで、築地市場の跡地を5000台規模の駐車場などに使用する計画だということを明らかにしています。普通なら空気が読めない馬鹿かというところですが、重鎮ともなると違ってくるのでしょうか。

新国立競技場、シンボルデザインのふたつのコンペで大失態があったにもかかかわらず、責任は、競技場を管轄するJSCの河野一郎理事長、さらに下村博文文科相になすりつけ、さらに聖火台が考慮されていなかったことも他人のせいにするばかりか、「たった2500億も出せなかったのか」とか「大変迷惑している。私には関係ない」と植木等のスーダラ節顔負けの天下の無責任男かと、ため息をつきたくなるのがこの方です。

日本が、森さんいわくの「神の国」だから、こういうことも許されるのでしょうか。

森喜朗会長、聖火台問題で「私が悪いと怒られる」「一番悪いのは馳浩」【新国立競技場】 :


しかし、森喜朗さんの影響力は大きいのです。安倍さんに自らの五輪組織委会長就任をねじこむ力があり、その動きに異を唱えた猪瀬さんは見事「徳洲会の5,000万円」問題で散ってしまいました。

新国立競技場でまた失言! こんな森喜朗がなぜ五輪組織委会長なのか? 安倍首相によるゴリ押し経緯が明らかに|LITERA/リテラ :


さてその森会長と小池新知事の間でさっそく戦闘モード全開です。小池新知事が設置した「都政改革本部」の調査チームが、都が整備するボート、カヌー・スプリント会場「海の森水上競技場」、水泳会場「オリンピックアクアティクスセンター」、バレーボール会場の「有明アリーナ」3施設について、抜本的見直しを提案する報告書をまとめています。


それにしても各施設の落札率の異常な高さは、日本が成熟した先進国というイメージからかけ離れています。やはりどんな罪や不正も許されそうな、森さんのおっしゃる「神の国」に日本は戻りつつあるのでしょか。もうそろそろ、たとえ負の遺産となろうが、今さえよければいいという発想から卒業してもらいたいものです。


小池新知事は、森会長の外堀を埋め、影響力の一角を崩し、最後は辞任まで追い込めるのかが見ものです。豊洲問題は、騒がれた地下水も環境基準以下の数値、つまり水道水でも使えるレベルという結果だったので、都政のガバナンスの問題に絞られてきそうです。