5月にしては強い日差しでしたが、京都府京丹波町の「わち山野草の森」は木陰が多く、気持ちの良い風が吹いて散歩にはちょうどよい感じになっていました。「卯の花、匂う垣根に・・・」のヒメウツギとか、タカネエビネやキエビネ、ガクアジサイに間違いそうなヤブデマリなどの花々の横を歩いていると心地よく、お気に入りのスポットです。
それにしても、この「わち山野草の森」の横を由良川が流れ、立派なカヌーのクラブハウスもあるのですがついぞ利用している光景にであったことがありません。もったいないですね。

写真をクリックしていただくとアルバムをご覧いただけます。

5月の和知野草の森