京都府福知山の「才の神の藤」は樹齢2000年といわれる山藤です。自生の山藤なので華麗さはありませんが、歴史を積み重ねてきた厳かさを感じさせてくれます。もともと巻き付いていた巨大なケヤキは今は根本だけになり、祠として祀られています。「才の神の藤」の近くの禅寺「普門寺」は白藤やツツジが奇麗で、藤の甘い匂いのなか、心地よく風を受けるひとときが楽しめました。そうそう、石段の側に珍しい花が咲いていましたが、調べると「シラン」のようでした。

写真をクリックしていただければ、アルバムでご覧いただけます。

才の神の藤と普門寺