かつては世界のイノベーター・ブランドであったソニーには、復活して欲しいという期待感があるだけに、厳しい批判も多いことはしかたありません。そのSONYが2015年4〜9月期の連結決算で最終黒字となりました。上期としては5年ぶりで、ようやくエレクトロニクス不況の長いトンネルを抜けることができたのでしょうか。
ソニー5年ぶり最終黒字 4〜9月、復活に道筋 :日本経済新聞
SONYの強みとしている領域は、なんといっても画像センサーとゲームだろうと思いますが、画像センサーは2014年で40.3%のマーケット・シェアを占め、2位以下のオムニビジョン、サムスン、キヤノンを大きく引き離しています。

画像センサーは、従来のデジタルカメラに加え、スマートフォン各社が高画質化競争を展開し、またハイエンドでは医療用、さらに車載用の市場が広がってきている成長分野です。

CMOS
Image Sensors World: TSR on 2014 Image Sensor Market Shares

市場が伸び、需要に供給力が追いついていない、今では希少な市場ですが、その供給力確保のために、東芝の画像センサー事業を買収しています。
東芝イメージセンサー事業から撤退。その後を引き継ぐのは世界首位のソニー : ギズモード・ジャパン

ゲームはプレイステーションが好調です。アップルがこの市場に参入するために新世代のアップルTVをリリースしましたが、SONYも好きなゲームを選んで定額で楽しめるクラウド型ストリーミングサービスをスタートさせており、迎え撃つ体制を固めています。
PlayStation™Now | プレイステーションR オフィシャルサイト


iPodの登場以降、スマートフォンにいたるマーケティングの失敗で、アップルに敗北しつづけてきたSONYが、このゲーム分野でどのような戦略を立ててくるのか、またアップルとの競争の行方が楽しみになってきました。