4KのCMがやたら綺麗だと感じます。そのCMを見ているのはふつうのハイビジョンTVです。つまり映像コンテンツの質によって、ハイビジョン程度の解像度でも十分に美しく、画質というのはハードだけでなく、コンテンツの内容によって違いを感じるというごく当たり前のところに落ち着きます。
さて、女性マーケッターによるブログ『日々是マーケティング』さんが、「テレビに必要なのは、高画質ではなく高音質かもしれない」と書かれているのが目に止まりました。実感としてそう感じます。
「テレビに必要なのは、高画質ではなく高音質かもしれない」

とくにオーディオルームなどあるはずがなく、ふつうのリビングでテレビを見るのですが、音は、AVアンプを通して4つのスピーカーとサブウーハーのスピーカーをつないで聴いています。センター・スピーカーがないのは置く場所がないからですが、特に必要性も感じません。

それでテレビもCDもレコードも、DVDも聴いています。早い話、テレビのスピーカーで聴くのとは異次元の音質が体験できるのです。とくにオーディオ・マニアではないのですが、その効果はあきらかで、テレビ体験が豊かになります。

特に、制作費が潤沢なNHKの番組などでは番組の値打ちを感じるものが多く、テレビで見るものも変わってきます。

『日々是マーケティング』さんと同じく、最近、気になっているのがソニーの「ハイレゾ」です。なにか方向性を失ってしまったと感じるソニーが、ようやく音に注目し、新しい規格を生み出す、ソニーの原点に戻ったと感じています。ハイレゾについてはこちらをどうぞ。
はじめてのハイレゾ | ポータブルオーディオプレーヤー WALKMAN ウォークマン | ソニー

そのハイレゾ対応のウォークマンに人気が集まっていて、BCNランキングの調査でも、金額・台数ともに急増してきているようです。やはり若い人たちは音質には敏感に反応しています。
31
増えるハイレゾ対応の携帯オーディオ、市場をけん引するソニーの「ウォークマン Aシリーズ」

ハイレゾ音源は、ソニーの音楽ストアmoraから配信されていますが、テレビで対応させることもありなのではと感じます。ハイレゾ音源の映像コンテンツって魅力的です。

テレビの音の革命も、テレビの進化ではないでしょうか。買い替え時期が来たら、安いハイジジョンテレビを買って、その浮いた予算で、オーディオを強化することをおすすめします。

SFAによる顧客管理ならアクションコックピット

モバイルの活用を広げる営業支援システム アクションコックピット