いやはや猪瀬都知事も大変です。徳洲会からの5,000万円の借金?は、釈明すればするほど、面白おかしいシーンが拡散され、疑念が人々の記憶に深く刻み込まれていくばかりです。潔白の証として公開した「借用証」がさらに火を焚きつける結果を呼び込んだのではないでしょうか。舌鋒鋭い猪瀬都知事もいまやいじられ役になってしまった感がありますが、徳洲会を巡る内紛と疑惑が思わぬところで炎上している様相になってきました。
もともとは、徳田虎雄氏の「金庫番にして優秀な秘書」として知られる能宗克行氏と徳田ファミリーの内紛で、「能宗切り」の報復として、能宗がマスコミに流した詳細な「メモ」から端を発した問題でした。それで地検特捜部も信頼回復のチャンスと見たのか、捜査に乗り出したというもので、自民党の徳田毅衆院議員の親族らの公職選挙法違反での逮捕劇にも発展したのですが、いろいろこの内紛から明るみにでてきた徳洲会の疑惑に焦点をあてれば、こちらのブログにあるような感じでしょう。

しかしFACTAは、たれ込んだ側の能宗克行氏の行状に焦点を当てた記事がかかれていて、どちらもどちら、目くそ鼻くその問題にもかかわらず、それに飛びつき、一方的に乗ったマスコミや検察を批判する展開になっています。

いやはや政治は魑魅魍魎の世界だと感じさせます。ドコモが買収した、有機・低農薬野菜、無添加食品などの販売を手掛ける「らでぃっしゅぼーや」の創業者で、「らでぃっしゅぼーや」をキューサイに売って政界に移った元議員の暗躍ぶりにも恐れいります。

FACTAは、有料なのでおよそのところは、山本一郎さんのこの記事を御覧ください。飛び火先は、石原慎太郎さんなのか、亀井静香さんなのか、民主党のお偉い人になるのかは不明ですが、しかしこの猪瀬都知事の面白会見の影響で、山本一郎さんが予想している飛び火はなくなるかもしれません。

ところで、意図してか、結果としてそうなっているのかは定かではありませんが、猪瀬都知事の借金問題は絶好の「目くらまし」効果となっています。

とくに「特定秘密保護法案」が衆院を通過しましたが、法案の趣旨には賛成としても、日経のクイックVOTEの結果が示しているように、「指定の基準が不透明」、「秘密が将来、公開される担保がない」を合わせると半数近くが問題ありとしているように、恣意的な運用への歯止めの不十分さ、秘密指定が乱用される恐れは残ったままです。

この問題は、マスコミは報道の自由が犯されるとか、国民の知る権利が犯されるという切り口に力点を置きすぎ、国民のこの法案の危うさへの実感を失わせてしまったのではないでしょうか。いくら不祥事があっても、内部告発をためらわせ、官僚が自らの失態を覆い隠せる法律になりかねないことをもっとていねいに説明すべきだったのではないかと感じてなりません。

 SFAによる顧客管理ならアクションコックピット

新世代SFA営業支援システム アクションコックピット営業現場を「共有する。発見する。かしこく動く」に進化させるためのツールです。