エミー賞が、TVアプリ、タブレットやスマホ画面と番組を連動させるセカンドスクリーン、そしてソーシャルTV革命をさらに進めようと、この部門での従来の2分野からさらに4分野を加え、受賞対象を広げたようです。ずいぶん積極的だと感じます。翻訳記事がなかったので、元記事へのリンクを張っておきます。
調べてみると、日本では「優良放送番組推進会議」とか、「公益財団法人放送文化基金」とかがあるらしいけれど、いずれもテレビ番組とかテレビ技術一色です。まだ他にもあるのかもしれませんが、新しい分野が生まれ育ってくる仕組みはないに等しいのではないでしょうか。

日本でもようやくテレビ局や通信キャリアが、テレビとスマホとやタブレットとの連動をはかる「放送とネットの融合」への動きをスタートさせてきていますが、まだまだ従来のテレビ局主役、テレビ番組主役、メーカー主役です。動きだした通信キャリアを除くと、言ってみればこの分野の育成を遅らせてきた人たちなのであまり大きな期待はできません。ご当人たちは本気だと思っていても外野席から見れば腰が引けているように見えるのです。

そろそろそういった「テレビ旧時代」から「テレビ新時代」に移行していくためには、「テレビ放送」のしがらみやパラダイムを持っていない、頭がまっさらな人たちが活躍できる機会づくりが必要になってきたのではないでしょうか。Youtubeにしても、話題を呼んだ「ニコニコ超会議」のニコニコ動画も、従来の放送局からは生まれるはずがありません。

時々、ビデオ・オン・デマンドで見逃し番組を見ることがありますが、現在の料金は、ネット向けの広告システムをつくってこなかったテレビ局の怠慢の結果以外のなにものでもありません。NHKにいたっては、高い視聴料金をとっておきながら、まだ海外に比べると高い料金で見逃し番組を買えというのですから、殿様商売もいい加減にしてもらいたいものです。今さえ良ければいいというのでしょうか。

著作権をたてに囲い込むのではなく、番組の再利用を認めれば、どれだけ新しい技術やコンテンツが生まれてくるかを想像してもらいたいのです。それはきっと無理な話を承知で言いますが、想像だけしてもらえれば十分です。

放送に関する規制緩和は、霞ヶ関の仕事でしょうが、それだけでは十分とは思えないのは、面白いソフトやコンテンツがでてくる仕掛けが欠かせないと感じるのです。言ってみれば「テレビの文化大革命」を引き起こす仕掛けの問題です。

今日は市場を進化させていくためには、新しいコンセプトで従来の技術をも組み合わせて生み出す「リ・インベンション(再発明)」が求められる時代になってきています。
リ・インベンション: 概念のブレークスルーをどう生み出すか
リ・インベンション: 概念のブレークスルーをどう生み出すか [単行本]

関係各位におかれましては、テレビの概念を覆す、あっと驚くようなアイデアがどんどん集まってくるコンペからでもはじめていただきたいものです。ソフトやコンテンツを武器に海外との競争力を高めていくことは日本の成長戦略の重要な柱のはずですから。