人気ブログランキングへ

コモディティ化してしまい、海外ではすっかりサムスンやビジオなどの新興グループに抑えられてしまった液晶テレビですが、いずれもテレビのあり方、あるいはテレビを利用しての楽しみ方そのものを変えるまでには至っていません。スマートテレビと銘打っても、実質はインターネット対応で機能を拡張しただけでYOUTUBEとか、HULUとかを見ることができる程度で終わってしまっています。 日本の家電からも業務用としてはいいとしても、高解像度4K2Kディスプレイ家庭用の大型液晶テレビをかなり無理筋で売りだしたのですが、その事自体液晶テレビでは手詰まりだという印象を受けます。その液晶テレビにアップルが参入を伺っていると思える動きをしているという噂はこれまでも流れていましたが、アップルが大型テレビのデザインを検証し始めていると、匿名希望の複数のサプライヤー関係者が語ったとウォール・ストリート・ジャーナル紙が伝えています。  
アップルが、あえて成熟し、コモディティ化してしまった液晶テレビの延長線上で参入してくることはありえず、液晶テレビの概念そのもの、その楽しみ方を変えることに成功するのかどうかに俄然興味が湧いてきます。これまでセットボックス型のアップルTVでチャレンジしながらも、まだ成功していないアップルですが、さて液晶テレビをどのように料理しようとしているのでしょうか。

液晶テレビにイノベーションが起こってもおかしくない、おそらくその機は熟しつつあると感じます。実際インターネット対応テレビを使ってみても、まだまだ中途半端でこなれていないままですが、それでもYOUTUBEでBGM替わりに音楽を楽しんだり、見放題のHULUなどで映画や海外のテレビ番組を見る機会が増えました。しかし、それではまだイノベーションと言うにはほど遠く、サプライズがありません。PCやスマートフォン、またタブレットで体験してしまったことが、液晶テレビでも体験できるだけだからです。

液晶テレビを変える鍵は、やはり液晶テレビのサイズでなければ楽しめない機能か、コンテンツを見つけ出すことになってきます。スマートフォンは、「電話」と「インターネット」、さらに「音楽やゲームを楽しむ」世界を広げました。タブレットは、「インターネット」だけでなく「新聞や雑誌の電子版や電子書籍を読む」を加え成長してきています。そのスマートフォンやタブレットとどう棲み分けるかのパズルを解くことだと思っています。いまでも、セットボックスのアップルTVなどを利用すれば、PCやスマートフォン、またタブレットの画面を液晶テレビで見ることができますが、それでは今ひとつ価値を感じません。

さて、アップルは鴻海(ホンハイ)傘下のフォックスコンが主力工場で、その鴻海(ホンハイ)がシャープの堺工場を手に入れたために、シャープの大型液晶パネルの供給を受けることができるようになりましたが、ハードはつくれるとしても、問題はその新しい液晶テレビ利用の目的の開発であり、どのように液晶テレビの楽しみ方が再創造できるかです。

テレビを通して、リビングに進出したいと虎視眈々と狙っているのはアップルだけでなくグーグルも同じです。さて、アップルがあっと驚く新しい体験を開発してくるのか、はたまたグーグルが仕掛けてくるのか、テレビの楽しみ方の再創造の決め手を見いだせず、チャレンジを断念するのかが見ものです。
ただ、アップルへの期待は、市場も含めてイノベーションを生み出すことにあり、それが企業価値をも広げているわけで、スマートフォン、タブレットのNEXTを切り拓けなければ、やがて普通の企業に落ち着いていく道をたどっていくことになってしまうので、アップルにとっては、テレビへのチャレンジは成功させなければならないミッションだという気がします。