人気ブログランキングへ

abc
びっくりドンキーの期間限定新メニュー「ドキハキ 牛肉とキノコの和風ハンバーグ」と言っても通じるのは関西だけ、しかもABCラジオのパーソナリティ番組「ドッキリ ハッキリ 三代澤康司です」を聴いている人だけだと思います。びっくりドンキーとこのラジオ番組のコラボで生まれたメニューです。ホームページを見ると、近畿だけでなく、中国・四国・九州・沖縄地区のお店でも扱っている店があるようです。
びっくりドンキー 【おすすめメニュー】 

このハンバーグがなかなかの人気を呼んでいるようです。それを目当てにびっくりドンキーに行ったのに、一日あたりの数量も限定されているので、売り切れてしまい、食べられなかったという人も続出したようです。また番組でそれを報告するので、よけいに食欲を刺激したのでしょう。 

マーケティング事例として面白いのは、びっくりドンキーとのコラボが決まったのは今年の春頃だったと思いますが、開発の様子や進捗、また苦労話などを、番組で逐次報告していたことです。パーソナリティ番組ならではでしょう。メニューは火曜日のパートナー足立敦子さんが発案したものということもあり、どんなメニューなのかという好奇心や期待感を高めていったことです。
パーソナリティ番組はメールやファックス、また手紙で視聴者と番組の双方向のコミュニケーションが売りでしょうが、番組を通して、視聴者をメニュー開発にも参加する気分にさせたのだと思います。

さらに、発売した後も、三代澤さんやスタッフ、またパートナーの人たちが実際に、お店に客としてでかけ、そこで「ドキハキ 牛肉とキノコの和風ハンバーグ」を注文したお客さんとの出合いがあったことも、番組で紹介され、思いもかけないイベントとしてさらにキャンペーンを盛り上げたのは間違いありません。

プロセスへの参加、数量や期間が限定されている、さらに偶然の出合いのイベントといった仕掛けが効を奏したマーケティングです。
びっくりドンキーに行ったのはもう何年も前でしたが、この週末に、このメニューのために実際に行ってみました。予想以上に美味しいと感じました。「ドキハキ 牛肉とキノコの和風ハンバーグ」は高齢者にも好まれるあっさっりした味付けなので、おそらく番組を聴いたびっくりドンキーには普段はいかない新しい客層をも広げ、ファンにしたのではないでしょうか。

マスメディアとネットメディアのちょうど中間にポジションを置いたラジオだからできたマーケティングでしょうが、ほのぼのとした企画ではありますが、今後とも視聴者を楽しませてくれる企画がどんどん生まれてくることを期待したいところです。

応援クリックよろしくお願いします
人気ブログランキングへ