人気ブログランキングへ

ミズノといえば、スポーツ用品の総合メーカーですが、好調な決算発表を受けて株価も堅調だそうです。
ミズノは続伸、業績好調で日経平均200円安を横目に堅調 | 兜町特捜班 | 投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン:
なんでもやっているから、消費市場の変化を如実にしめしているわけですが、好調なのはスポーツシューズ。街なかでも、ウォーキングに勤しむ人の姿、またジョグしている人の姿が増え、また里山にでかけると、ハイキングやトレッキングを楽しむグループの姿を見ることが増えました。マラソンも申込者が殺到し、なかなか抽選にあたらない状態です。やはり、スポーツシューズや関連ウェアの市場が伸びてくるのも当然といえば当然ですが、その市場の伸びをしっかり吸収しているところは見事です。

事業のセグメント別に見ると、やはり野球用品やゴルフ用品の売上は落ちていますが、それをカバーして余りあるスポーツシューズの売上の伸びがありました。ついでにアシックスの業績ハイライトを覗いてみると、スポーツシューズ類が、2010年には売上が落ち込んだものの、その後は順調に伸ばしてきています。

最近はオフィスの近隣地域はマンションの建設ラッシュで、商業施設もマンションに建て替えられてきて、店舗が減ってきたなかで、もうすぐハイキング用品やハイキングサポートの店ができるようです。こちらもブームなのでしょう。

そういえば、里山にドライブに行くと、よくまあこの長い急勾配の坂をと思うようなところを自転車で登っている姿や、渓流で釣りを楽しむ人たちの姿もよく見るので、シマノの決算を見ると、直近の24年12月期第1四半期の売上が、前年の22.7%増、また営業利益が47.1%増、純利にいたっては217.2%増と絶好調なようです。
自転車もママチャリは価格競争にはいっていますが、昨今はかっこいいウェアやシューズに身を固め、またいかにも高級な自転車を走らせている人も多いので、ハイエンドな市場になるとシマノの部品の強さがでてくるのでしょうか。
【注目の決算発表】シマノは業績上方修正で割安修正買いが拡大し高値更新 | 個別株 - 財経新聞 :

ビジネスはやはり市場のフォローの風をどう掴むかで経営の成果も変わってきます。逆風に見えても、そのなかの追い風を見つけ、独自のポジションをつくったところが成功します。市場の流れを変えるには大きなイノベーションが必要ですが、一発ホームランがそうそう生まれるものではなく、市場のトレンドにたいする感性を磨くほうが現実的だということでしょう。


応援クリックよろしくお願いします
人気ブログランキングへ

進化したSFA営業支援システム「アクション・コックピット」。
訪問計画づくり、アポ取りをサポートする「営業ナビゲーター」機能を標準搭載
アクションコックピット