人気ブログランキングへ

ジョークです。レコートドチャイナが伝えるところによると、やはり中国でも北朝鮮のミサイル発射には関心が高く、失敗の報道を受けて、中国版ツイッター(たぶんウェイボー)には「朝鮮 衛星」のキーワードで検索すると、32万件以上の書き込みがあったそうです。しかも「冷ややかな見方をするコメントが目立つ」としています。

いくつかの例があげられていますが、ジョークとして秀逸なのはこちら。

「ミサイル発射の管制センターが採用している液晶ディスプレイって中国産らしいよ。しかも、農村部向けに廉価で販売したものが流れたらしい。北朝鮮って、中国の農村部に取り込まれたのかな?」

レコードチャイナ:「液晶ディスプレーは廉価中国産だから?」北ミサイル打ち上... :

いずれにしても、中国政府は北朝鮮国家崩壊を恐れているので、北朝鮮を腫れ物に触る扱いをしていて、ミサイル発射にも寛容な態度をとりましたが、国民のほうはもはやジョークの対象でしかなくなっているということでしょう。

中国もトップの交代が近づいてきたことで、きな臭い動きも起こっているので、金正恩への権力継承に関してもよけいにナーバスになるのも無理はない話です。国連安保理での制裁決議に強行に反対すれば、ならずもの国家を認めることになり、かといって賛成もできない微妙な立場になってしまいます。
薄氏の次は周永康氏か クーデターを計画の情報も - (大紀元) :

北朝鮮のミサイル発射失敗の政府発表が遅れたことで、さあまた政争の具ができたとばかり、片山さつきさんなどは張り切って小走りする姿がニュースに流れていましたが、もう政争の具にしたところで、民主党政権は次の選挙で終わりになるでしょうから、それよりは防衛省幹部の危機管理能力のほうを検証したほうがいいようにも思います。現場はいいが、幹部はどうもというよくある病気かもしれないと感じてしまいます。

金日成の生誕100年と金正恩の3代世襲を祝うはずの打ち上げ花火に失敗し面目はまるつぶれ。きっと権力内部にもその責任をめぐってきしみがでてきます。権力維持のためには、示しをつけるためにも、次の一手としての核実験をやってくることは想像に難くありません。それに瀬戸際外交の手段を残すためにも、長距離弾道弾を売って外貨を稼ぐ道を残すためにも、核実験の強行をやってきそうです。

産経が「主張」で≪中国は制裁に足並みを≫と、微妙な中国にはできないことを書いていますが、北朝鮮リスクが続くことは間違いなく、「北ミサイル発射 さらなる暴挙に備えよ 安保理で実効性ある懲罰を」という主張は正しいとしても、その鍵を握っているのは金融制裁で、アメリカの態度しだいでしょう。アメリカが東アジアをどう考えているのかの試金石にもなってくると思います。
【主張】北ミサイル発射 さらなる暴挙に備えよ 安保理で実効性ある懲罰を+(1/4ページ) - MSN産経ニュース :

応援クリックよろしくお願いします
人気ブログランキングへ