人気ブログランキングへ

大阪の地盤沈下は目もあてられない状態です。スマホでも、大手量販のPOSデータから見たBCNの地域別の10月のスマホ比率を見ると東京圏78.5%、名古屋圏70.8%に対して、大阪圏は57.0%と全体平均よりも低く、新しいもの好き、進取の気性に富んだ大阪はどこに行ってしまったのでしょうか。
スマートフォンが携帯電話の月間販売台数の7割に、「iPhone 4S」効果で占有率が上昇 | BCNランキング:


この調査データの大阪圏は、大阪府、兵庫県、京都府あわせたものなのですが、近畿圏全体がひたすら地盤沈下してきた最大の原因が、本来は規模からいっても経済の中心となり経済を牽引すべき大阪の衰退で、ついに消費動向まで田舎化してしまったようです。

大阪経済の衰退の、もっとも大きな原因は、産業構造の転換ができず、古い産業が残ったまま、新しい産業が育たなかったことです。もちろん日本全体にあてはまることですが、さらに輪をかけたのが大阪だと理解していただければと思います。

また人材でも、大阪、兵庫、京都には、国立、また私立、公立の総合大学はあるのですが、卒業して就職すると東京へ転勤という構造となっていて、流出が激しいのです。かつて関西の経済は、地方から人材が逆に流入し、それが関西経済、また大阪経済の活力を生み出していました。大阪には企業家ミュージアムがあり、そこに大阪の経済の発展に寄与した企業家の人たちが紹介されています。明治維新期の大阪経済再生と近代化に貢献した五代友厚は鹿児島出身、鉄道と都市開発を結びつけた阪急の小林一三は山梨県出身、和式帳簿の生産を開始し、総合文具メーカーを育てた黒田善太郎も富山県出身と、大阪府以外から来た人たちが大阪のみならず、関西のパワーを生み出したのです。戦後に創業し、その後発展した中堅企業の創業者の人たちも大阪府以外の出身者が多いのです。
大阪企業家ミュージアム :


役人さんは天下り先がたっぷりで、そこに予算がつくのは霞が関のミニ版です。また地盤沈下している割にはまだ予算規模は大きいので、その恩恵に預かっている人たちは多く、その枠組が壊れることを恐れ、市長選で自民党から共産党までの守備体形を組むことになります。よけいなことをされると困るのです。ブログでも断末魔の叫びのような反橋下キャンペーンをやっている人がいますが、プロフィールを見ればなるほどと頷けます。

府内の総生産も衰退の一途を辿ってきたわけですが、そうなればなるほど、安定した役所需要に群がる人たちの団結が固くなるという典型的な地方型の構図になることは自然の成り行きです。
都道府県別経済 一覧-経済BANK :


そういえば、東京の記者の人が大阪を取材に来て、地下鉄の初乗り料金が200円という料金の高さに驚いていたようですが、問題は中味です。黒字にするには経営努力よりも利用者から搾り取ることが早道だし、駅案内の表示は、東京メトロと比べると、不親切極まりないのですが、その経費は節約するということでしょうか。
地元の人間でも出口を間違う迷路状態で、それも利用者の健康を考えてのことだと解釈すれば腹立たしさも消えますが、お年寄りや体の不自由な人はさぞかし大変でしょう。


応援クリックよろしくお願いします
人気ブログランキングへ

サーバーもソフトも不要のSFA「アクション・コックピット」。
使いやすさに加え強力分析ツール「アクション・アナライザー」登場
アクションコックピット