人気ブログランキングへ

けっこう手軽な価格で生食用のミンククジラを売っていたので、さっそく買ったのですが、とても美味しくいいただきました。

これがこちらのブログへの回答のすべてです。

日本の違法捕鯨について(1) - Around the World in 80 years - BLOGOS(ブロゴス) :

鯨を捕ることは違法で、地域を荒らし、さらに捕鯨船に体当りし、派手な行動をするシーシェパードが正義みたいなことを言われると、まあなんでもありだねと感じてしまいます。センセーションを巻き起こす。住民を挑発し、怒った住民をビデオにとって野蛮だと喧伝する。それこそ野蛮な行為なのです。資金を集めるために目立ちたいだけとしか映りません。

それに、そもそもいくら鯨を取ろうが、もはや国内でもそれほど多くの需要があるわけではありません。もう日本でも鯨を食べたことすらない人も多いのではないでしょうか。タンパク源としては、鶏があり、豚があり、牛肉があり、さらに日本は魚も豊富です。食材はもっとあります。そういえばもうすぐぼたん鍋のシーズンです。

反捕鯨というのなら、どれくらい捕獲すれば鯨が絶滅し、生態系を壊すのかを証明しなければなりません。今はそれが逆転してしまっています。反捕鯨国が証明しなければならないのです。なぜなら、日本は古来から鯨をとっており、それが伝統的な食文化だからです。制限する必要があるのなら、制限する方がその影響を調査し、科学的な根拠を示す義務があるからです。

確かに日本も鯨を乱獲した時期もありました。それは日本が戦後でタンパク源が極端に不足していたことが原因でした。それでも今の捕鯨反対国のように、油のために鯨を乱獲し、油だけ取ってすてた国とは違います。日本は、鯨は捨てるところがないと言われるまで、なにからなにまで利用していました。

この反捕鯨のブログで正しいのは、反捕鯨という名目で、よけいな税金がつかわれていることぐらいでしょう。それは、もうかなり昔にブログに書きました。
税金の無駄遣い - 国際捕鯨委員会への参加 -  : 
 国際捕鯨委員会は本当に変わるのだろうか - :


期限を切って成果があがらなければ、脱会して堂々と捕鯨を継続すればいいと思います。アメリカがユネスコを脱会したことよりも正当な理由はあると思います。

国際捕鯨委員会にいくらデータを提供して反証したところで、捕鯨に関しては合意の見通しは極めて厳しいことはいうまでもありません。それは捕鯨反対国は、国内に帰ると、なぜ捕鯨に賛成したのかが問われるからです。それに日本が捕鯨を行うことは、牛肉などの輸出にとっては競合関係になります。強硬に反対を貫く国は畜産の輸出国がほとんどを占めています。つまり生態系とかの問題ではなく本質は極めて政治的な問題であり、だからやっかいなのです。

この反捕鯨のブログを書いた人は、ぜひ、かつて米国が突如なぜ反捕鯨を主張しはじめたかを歴史をたどって探ってみて欲しいものです。ベトナム戦争にたどり着きます。民間人や子供までナパーム弾などの非人道的武器で殺傷する、枯葉剤で根こそぎ自然を破壊する、それに対する国際的な批判が起こったのですが、その国際世論をかわすために突如、鯨は殺してはいけない、鯨を殺すことは可哀想、生態系を崩すというすり替えをやり、ジャパン・バッシングを行ったのです。その歴史までたどり着きます。

日本はいまや鯨がなくとも、飢えることも、タンパク源が不足することもなくなりました。日本にとってはもはや日本の食文化や地域文化を守るかどうかの問題にすぎません。

鯨が可哀想だというのは鯨を食べない人には分かりやすいけれど、では牛を殺すことは生態系が狂わないからいくら殺生しても可哀想でなく、構わないというのでしょうか。牛や豚を殺傷するシーンもけっこう残酷です。シーシェパードのみなさまはぜひじっくり御覧ください。東洋的な発想ではすべて殺生です。だから神社を建ててまで、命をいただいたことに感謝するのです。食事の前の「いただきます」も同じで、動物や植物の命をいただきますという、自然への感謝の言葉です。

捕鯨ができても、できなくとも日本は困らないのですが、まずは海の暴力団の違法行為を取締り、地域に潜入して挑発行為をつづけるシーシェパードを排除することが最初に行うべきことでしょう。

応援クリックよろしくお願いします
人気ブログランキングへ

サーバーもソフトも不要のSFA「アクション・コックピット」。
使いやすさに加え強力分析ツール「アクション・アナライザー」登場
アクションコックピット