人気ブログランキングへ

さて、携帯の秋冬商戦は、ソフトバンクのiPhone4、NTTドコモのGakaxy S、auのIS03のスマートフォンの三つ巴の競争となってきます。焦点があたり、スマートフォン市場もかなり伸びるのではないでしょうか。その3つの機種では、auのIS03がもっとも話題性があり、台風の目になりそうな予感がします。

この競争で見逃せないのは、日本の携帯が、独自の発展をしてしまい、世界のマーケットで敗北したわけですが、逆に言えることは、日本で成功しようと思えば、日本の市場にどれだけ適応できるか、さまざまな機能がついた携帯に慣れた日本のユーザーにどれだけ満足してもらえるかが鍵になってきます。

その点では、ワンセグ、高画素カメラ、オサイフケータイ、モバイルsuicaなど携帯でできることを取り込んだIS03は、携帯からの乗り換えがスムーズに進むものと思います。あとは、実際に買って使ったユーザーの満足度がどうかです。

Galaxy Sは、前評判として機能や操作性は優れているようであり、海外では売れています。しかも、NTTドコモは累積で50%近いユーザーを抱えている有利さはありますが、iPhoneからGyalaxy Sへの流出はあまり想定できず、またauがIS03を投入することで、auからの流入も期待できないために、他のキャリアへの流出に歯止めをかけ、自社ユーザーのスマートフォン比率をあげることが課題となってきます。そうなると、Xperiaとのカニバリゼーションが起こってくることは避けられません。
ソフトバンクも、iPhone4の新製品効果が薄れてくる頃であり、なにかインパクトのある手を打たなければ、これまでのひとり勝ち状況を維持するのが難しくなってきます。

それよりも気になるのは、タブレットPCのほうです。こちらは、iPad、Galaxy Tab、Galapagosの三つ巴の競争になって賑わうのか、いまひとつ盛り上がらずに終わるのかですが、PCを押しのけて売れている米国といまひとつ伸び悩んでいる感のある日本のiPad人気の温度差を考えると、やはり電子書籍などのコンテンツが揃っているのかいないかの差が大きいようです。、各社が、コンテンツをどれぐらい揃え、そのような魅力あるサービスを提供できるかにかかっています。

GalaxyTabは、画面サイズがiPadよりも小さい7インチディスプレイ、また軽量化されたことで使いやすくなったこと、またフラッシュ対応であり、マイクロSDカードスロットルがあり、また約320万画素のオートフォーカス対応カメラが内蔵など、iPadの弱点をうまくついた製品です。
製品としては優等生ですが、しかし、それだけではすでにブランドとして定着した感のあるiPadをしのげるのかは疑問であり、またタブレットPC普及のドライブにはなりません。

シャープは3万冊を提供する、あるいはCCCとの提携で映像、音楽などを配信するコンテンツストア「TSUTAYA GALAPAGOS」が12月にオープンすることを発表しています。また新聞などのコンテンツをダウンロードして、通信環境のない場所でも読めるというのは、都市部の通勤時の利用には、魅力になってくると思います。

はたして、大日本印刷との業務提携で進めている電子書籍サービスなどで、NTTドコモがどのようなサプライズを打ち出せるかで成否は決まってくるのではないでしょうか。まだ、その詳細が発表されていないようなので、気になるところです。
電子書籍のトライアルサービスを提供

またアップルも同じで、電子書籍サービスが日本でいつ始まるのやら。いくらブランド力があっても、その遅れは響いてくるものと思います。

応援クリックよろしくお願いします
人気ブログランキングへ

低価格を実現した営業力パワーアップSFA。
高機能で使いやすい「アクションコックピット」
アクションコックピット