人気ブログランキングへ

「ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘」の小島社長が突然高熱を出され、大変だったようです。夏のインフルエンザだったのでしょうか。まさか知恵熱?いずれにしても、くれぐれもお大事に。
生まれて初めて40度近い熱を出した私の一日の記録、そして感謝

そのコジマさんではなく、家電量販のコジマさんです。昨日、あるPC周辺機器を買い求めに、近所の店に立ち寄ったのですが、売り場に元気がありません。お店って、入った瞬間に理屈を抜いて感じるものがありますが、勢いが感じられなかったのです。

たまたま、デジカメもみたい商品がいくつかあったのですが、売り場がかなり縮小されていて、そのいずれもがありません。価格COMランキングではかなり高いものだったのですが。

そう大きな店ではないので、一回り売り場を巡回したのですが、どのような顧客を狙って、なにを売りたいのかがあまり伝わってきません。商品を絞るのはいいとしても、印象としては、個性が感じられず、活気を失っっている感じでした。

求めていたPCの周辺機器があって、POPの価格を見て、さっとレジに持っていって精算すると、価格が違います。それで店員さんと確かめに行くと、商品が整理されていないためにPOPやプライスカードの位置と多くのものが違うところに並んでいました。ちょっといただけません。

それで、帰ってさっそく、IR情報を見てみると、昨年度は、一昨年度の赤字から脱出し、減収増益だったのですが、また今期の第一四半期(4〜6月)で経常利益が赤字になってしまっています。ヤマダ電気は、同期に、売上げが7.8%増、経常利益が162.7%増ということであり、PCのWindows7需要も取り込めず、薄型テレビでも売り負け、さらに格差が広がってしまったということでしょうか。

おそらく第二四半期(7〜9月)は、クーラーが売れたでしょうから、持ち直すのかもしれませんが、なにかもっと個性を打ち出して、活気を取り戻して欲しいものです。

応援クリックよろしくお願いします
人気ブログランキングへ

低価格を実現した営業力パワーアップSFA。
高機能で使いやすい「アクションコックピット」
アクションコックピット