人気ブログランキングへ

これまでの携帯と違って、スマートフォンはバージョンアップでソフトが改善され、機能が大きく改善、また向上していきます。iOS4の無償配布がはじまったので、さっそくダウンロードしようとしたのですが、これが一苦労。iPhoneユーザーの特性を考えると、いち早く確かめたいという人が多いので、きっとサーバーが混んでいたのでしょう。

途中でタムアウトしてしまい、幾度かチャレンジして、なんとか無事バージョンアップできました。ちょっと触ってみましたが、今のところ、改善効果は高いと感じます。個人的には、文節入力で漢字転換がスムースになり、カメラにデジタルズーム機能がついたこと、アプリの切り替えが早くなったことが気に入っています。動きもなかなかいいようです。アップグレードしようかどうかを迷っている人は、こちらのサイトを参考にされてはいかがでしょうか。
iPhoneをiOS4にアップグレード して良かった点、悪かった点

iPhoneユーザーの満足度は北米の調査では、スマートフォンでトップ、日本でも価格コムのユーザーレビューでは、携帯で第三位と満足度が高いのですが、さらに満足度があがりそうです。
アップルの「iPhone」、スマートフォンの顧客満足度で首位に--米調査
価格コム満足度ランキング

スマートフォンをめぐる競争は、マーケティングの視点でも非常に興味深いものがあります。

まず、欧米と日本市場の違いです。欧米では、iPhoneが登場する前からスマートフォン市場は形成されていて、iPhoneは後発になります。だからiPhoneはマーケティングでいうチャレンジャーの立場です。差別化に成功しないと、競争に打ち勝つことができません。

しかし日本ではスマートフォンは、市場としては未形成であったに等しく、実質的にはiPhoneがスマートフォン市場をつくってきました。
だから、スマートフォンがなにかを知らない人でもiPhoneはほとんどの人が認知しており、いわばスマートフォンの代名詞ともなるまで、ブランドが浸透しました。
トップブランドで、まで浸透したブランドの立場と、そのトップブランドにチャレンジする立場の両方を経験すると、その違いは嫌というほど思い知らされます。
欧米での厳しい競争で、自らのポジションを切り開いていく勢いで、日本のマーケットでも展開するわけですから、他のスマートフォンをさらに引き離すことになります。日本だけでなく、アイフォンは、携帯でインターネットを閲覧することが一般的ではなかったアジアの成長市場で強く、それもこれからのiPhoneの強力な地盤になってきます。

NTTドコモが携帯ユーザーの50%を占める強みをいかして、Xperiaのデビューを成功させましたが、NTTドコモはチャレンジャーとしての立場に慣れていないところも、アイフォン、ソフトバンクにとっては有利です。コマーシャルを見ても、イメージを訴求している程度で、なにが違うかの訴求にエッジが立っていません。アップル、ソフトバンクにとっては脅威になりません。新製品効果が薄れるにつれ、また差は広がってくるものと思います。ソフトバンクの唯一の弱点は、ソフトバンクには、周波数にハンディがあり、電波が届かないことが多いことぐらいでしょうか。

そしてiPhone4が、まもなくデビューします。なによりも、カメラ機能が充実した効果が響いてきそうです。カメラ機能の弱さがなくなり、携帯からアイフォンへの買い替えが促進されるものと思います。
さらに、リーダーが、どんどん機能を進化させていくことで、フォロワーやチャレンジャーの挑戦を打ち消して行くことになります。いわゆる移動障壁です。

ソフトバンクは、携帯全体では第三位ですが、スマートフォンではiphoneで成功してトップです。iPhoneを武器にして、さらにアンドロイドのHTC Desireも、Windows Mobileの5機種も品揃えした全方位展開です。海外ではシェアを落としているWindows Mobileですが、ソフトバンクが一挙に品ぞろえしてきました。ビジネスユースのカテゴリーでの強みをいかしたポジション取りに成功するかもしれません。

また、auがスマートフォンに乗り遅れたことは、今後、さらに響いてくるのではないかと思います。どう巻き返していくのでしょうか。

応援クリックよろしくお願いします
人気ブログランキングへ

低価格を実現した営業力パワーアップSFA。
高機能で使いやすい「アクションコックピット」
アクションコックピット