人気ブログランキングへ

これまでの経営陣が、高い成長率や厚いマージンを優先し品質が犠牲にされてきたという主旨の発言が、豊田章男社長からあったことはご記憶だと思います。
それがグループ内に波紋をよび、非創業家のマネージャーや、批判された旧経営陣の人たちから反発が起こり、社内で亀裂が広がっているとウォールストリートジャーナルが特集しています。
むしろ、リコール問題は、豊田章男社長の経営手腕や広報のまずさにあったという社長批判もあり、社長は辞めるべきという声も奥田相談役からあがっているとか。
トヨタ創業家と歴代社長との深まる反目―リコール問題で激化

トヨタさんの内情は分かりませんが、危機に一致団結というほどトヨタは小さくない会社だということでしょうか。しかし本当にそうなのかとにわかには信じられない感じもありますね。確かに、このような記事がウォールストリートジャーナルからでてくることそのものが、広報の問題かもしれませんが。

ユーザーからすれば、あるいは日本の経済にとっても、トヨタという規模の会社に、そういったゴタゴタあると不安がでてきます。しかし,市場はこの記事に目立った動きはなく、トヨタ株も後場に持ち直したとようで、冷静に見ているようです。ぜひとも、いい解決を願いたいものですが、報道にあるように根深い対立があると、問題は長引きそうだということでしょうか。

応援クリックよろしくお願いします
人気ブログランキングへ

低価格を実現した営業力パワーアップツール
 「アクションコックピット」
アクションコックピット