人気ブログランキングへ


電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)
著者:佐々木 俊尚
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2010-04-15
クチコミを見る

まずは「電子書籍の衝撃」の献本ありがとうございます。頂いておいて、こう言うのもなんですが、頂いたものはそのままデスクに手つかずで積んだままです。実は、電子版をPCで読みました。デジタルブック版『電子書籍の衝撃』の販売キャンペーンで入手し、PCで読みました。なんと110円。
さらに嬉しいことに、PCだけでなく、iPhoneにもダウンロードができ、これでいつでも、どこでも読む環境が整いました。縦書き横書きでもどちらも選択できることもいいですね。個人的には横書きが好みです。

電子版と紙の本を読み比べ!『電子書籍の衝撃』刊行記念キャンペーンのお知らせ

申し込みが殺到したのか、システムがダウンしてしまうというトラブルがあり、デビューも波乱含みとなったのですが、今は無事修復しています。ツイッターで、いろいろそのトラブルを揶揄する書き込みもありましたが、それに対する小飼弾さんの記事が秀逸でした。
「電子書籍の衝撃」の衝撃 - 小飼弾
この事件を、「所詮Webサイト構築の素人のやってること」と賢しく切り捨てるのはあまりに容易です。思わず嗤ってしまった関係者も少なくないでしょう。しかし弾言しておきます。電子書籍が普及した際に、そこで笑っているのは同社を含む「かつての素人たち」であると。
さらに次の言葉はこれまでのイノベーションの本質を象徴しているかのようです。
イノベーションを起こすのは、いつだって「明日を待てない素人」なのです。

さて佐々木さんの「電子書籍の衝撃」ですが、実はこの本は、書籍がどう変わるかだけが書かれているわけではありません。
ネットでどのように人びとの価値観が変わってきたか、またビジネスの焦点が変わって来たか、さらに電子書籍が登場してくることで、文化がどう変わるかという視点で、電子書籍の衝撃でなにが起こるかを考察している本です。

ともすればモノが好きな人たちは電子書籍リーダーに視線を注ぎがちですが、電子書籍の時代を制するのは、電子ブックリーダーではありません。多様なコンテンツが安く豊富に揃い、使い勝手がよく、いつでもどこでも手に入れ読める環境を提供するプラットフォームです。そのプラットフォームの主導権をめぐって、アマゾン、アップル、グーグルが巧妙な駆け引きを行いながら、競い合っているのが現在です。そこに日本企業の姿はありません。

しかしその黒船によって、出版をめぐる世界は激変していきます。重要なのは、そこに関わる人びとも、企業も、そして、佐々木さんは「食べログ」と「ミシュランガイドブック」を例にわかりやすく示されていますが、どの本がいいのかの情報源も変わっていくということです。もっといえば日本の文化も社会も大きく影響されます。この本は、それがどう変化していくかを考えるいいヒントがまとめられていると思いますので、ぜひ読まれることを
お勧めします。

さて、佐々木さんは、これまでも、人の生活を、仕事で集中しているオンの時間や状態とくつろいでいるオフの時間や状態で分けておられ、読書はオフなので、オンに向いたPCよりも電子ブックリーダーのほうが電子書籍に向いているとされていますが、いやいや、PCで読むのもなかなかいいものです。

画面の半分に「電子書籍の衝撃」、そして半分をメモを書き込む愛用の『紙コピ』にして、読みながらメモを取っていくというスタイルを確立させていただきました。
プロテクトがかかっているのか、画面のコピーがとれず、ご紹介できませんが、オンで読む書籍にはすこぶるいいというのが感想です。

ちなみに電子書籍に関心のある方は、「iPad vs キンドル」もオススメしたい一冊です。あわせて読まれればいいと思います。

iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏 (brain on the entertainment Books)iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏 (brain on the entertainment Books)
著者:西田 宗千佳
販売元:エンターブレイン
発売日:2010-03-12
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

応援クリックよろしくお願いします
人気ブログランキングへ

低価格を実現した営業力パワーアップツール
 「アクションコックピット」
アクションコックピット