人気ブログランキングへ

googleグーグルが、昨年日本でも発売されたNTTドコモのスマートフォンのように、携帯メーカーにOSのアンドロイド年明けにを提供するだけでなく、自社のスマートフォン”nexusone"が発売されました。いずれ日本のいずれかの携帯キャリアからも発売されるものと思います。どうもソフトバンクからではないかという見方もあります。
グーグルの”nexusone”のページに、3Dのツアーもあるので、そちらで、その外観や概要やをご覧いただけます。
nexusone

タッチスクリーン方式なので、デザインが、アップルのiPhoneと似ていると感じます。さっそく入手した方もいらっしゃるようで、レポートを見ると、かなり使いやすいそうで、日本発売が楽しみです。
NexusOneは真のiPhoneキラーと成るか!?(Keep Crazy;shi3zの日記)

しかし、グーグルとアップルは、これまではお互い異なる領域を歩んできたのですが、スマートフォンで、時代の寵児ともいえる両社が激突する歴史が始まりました。どちらに勝ち目があるかという話題がいろいろ展開されていますが、ビジネスウィークの”Apple vs. Google”という記事の横に、面白い画像があるのを見つけました。グーグルとアップのなにが同じで、なにが違うかという表です。
Apple vs. Google

googleappleどちらもシリコンバレーのベンチャーで、時価総額がほぼ同じ。意外だったのは、CEOの給与です。アップルのCEOジョブスの給料が、年間1ドルだというのは有名ですが、グーグルのCEOシュミットもそうなんですね。

いかにものごとが決まるかで、グーグルが、「1にデータ2にデータ、3にデータ」。アップルは「スティーブがそう言っている」。グーグルは働く時間の20%を自分が重要だと思う課題に時間を割くというのと、アップルは、ジョブスのプロジェクトには120%時間を割くという文化の違いや、成功の鍵が、グーグルがアルゴリズムで、アップルがエレガンスと言うのも面白いですが、最大のチャレンジ課題が、グーグルは検索以外で稼げるかにあり、アップルは、ジョブス以外に誰か将来ビジョンを持っているかというのは的を射ているかもしれません。


応援クリックよろしくお願いします

人気ブログランキングへ

簡単導入! ネットで利用する営業支援システム
アクションコックピット