人気ブログランキングへ

このブログで実施しているアンケートですが、前回の東国原知事の行動評価結果は、その後に行われたさまざまな世論調査の結果とも近かったことに驚いたものです。
さて、今回行っている衆議院選挙予測ですが、現在のところ、与党の皆さまが震撼するような結果となっています。コメントを見ると、自公政権への「ペナルティ選挙」だとお考えの方の多いことが目立っています。


おそらく、自公でもそれに近い世論調査はやっていると思うのですが、結果を甘く見たか、あるいは、そういった状況でどう闘うかというところで、当初は小沢、鳩山の「政治資金問題」、ついで「財源」に焦点を当て、民主党攻撃を行ってきたわけですが、作戦の完全な失敗だったということでしょう。
麻生さんが遊説すれば、公明党のサクラの人たちが囲んでくれるので気持ち良く演説でき、握手攻めとなって、自民党も捨てたものではないという錯覚に陥っているのかもしれませんが、まじめにコツコツ選挙区を回っている平沢勝栄さんが肌身に感じ、おっしゃっているほうが世間の風に近いのでしょう。

アンケート結果のように民主党単独、あるいは野党連合で過半数となると、与党だから自民党に所属しているという議員さんも多いと思われるので、自らのエネルギーで解党しなくとも、衆院選後は、結果としてメルトダウンということも十分に予想されます。

それなら、考え方が国民新党に近いグループ、あるいは改革推進派のいずれかが新党結成への動きいてくれることを期待していたのですが、あの威勢の良かった鳩山邦夫前総務相も、独自のマニフェスト作成の動きが失速してしまったようで、脱力派となってしまいました。

新党結成ではなく、南北朝という二重構造を狙ったことが中途半端だし、党内の権力闘争を総選挙でやるというのは、ますます自民党が玉虫色になるだけで共感を得るはずがありません。

さて、風に乗る民主党には、大前研一さんが手厳しいコメントを書いていらっしゃいます。選挙後を睨んだ大前研一さん独特のラブコールの裏返しかと勘ぐったりしますが、かなり的確なところを突いていらっしゃるのではないでしょうか。
民主党の政権公約では期待が持てない

民主党さんが政権与党を担う可能性が高まってきていますが、一皮むけたほうがいいと思いますので、ぜひ厳しいご意見にも耳を傾け、どんどんいい方向に政策をブラッシュアップし、進化していって欲しものです。

応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ