バナー

メディアは接触時間を奪い合っている。たばこを吸うなど、ちょっとした時にも見てもらうためには、ユーザーのポケットに飛び込まないと、勝負に負けてしまう

産経産経新聞の朝刊がそのままのレイアウトで読めるiPhoneのアプリがAPPストアで人気ランキングのトップとなり、大反響を呼んでいるのだそうで、その取材を受けた産経デジタル取締役の近藤哲司さんの言葉が印象的です。今、まさにどの分野であれ、マーケティングに求められてきている本質を語る言葉だと感じます。

産経新聞、なぜ無料でiPhoneに 「失敗続き」の電子新聞チャレンジに手応え

iPhoneユーザーは「情報感度は高いが、新聞を読んでいない層」と考え、思い切って、無料にし、「とにかく見てくれ」という思い切り、無料にしたということですが、それが人気を呼ぶ結果となったということでしょう。確かに、縦横も自由、自在に拡大縮小できるiPhoneには新聞レイアウトは相性が良く、あらためて新聞レイアウトの価値が伝わります。


新聞というメディアも、手が打てるうちに、さまざまなチャレンジをやって、次のビジネスモデル、つまり稼ぐ方法のヒントを見つけないと将来はないというのも事実でしょう。新聞を読まないといっても、ネットで記事はチェックし、購入するのはキオスクやコンビニという人が増えており、今更、宅配が増えるという時代でないとしても、ファンが増やすなかでしか、さまざまなビジネスチャンスも見えないという発想は共感できます。


バナー←クリックありがとうございます。よろしくお願いします

アクションコックピット