バナー

GMとクライスラーが合併の予備交渉に入ったということですが、最悪の組み合わせです。どちらも経営不振であり、いずれにもキャッシュがありません。瀕死の2社を合併させてどうするのでしょうか。フォードも加え3社合併も取りざたされていますが、同じことです。フォードもマツダ株20%を売却して資金不足を解消しようという状態です。
キャッシュが豊富な日本の自動車産業、とくにトヨタ銀行と言われるほど資金が豊かなトヨタが吸収すればなんとかなるのかもしれませんが、先行きが見えないなかでは、お荷物を抱えたくないというのが本音でしょうか。しかも自動車産業を生み出した国としては、日本企業にこれらの企業が吸収されるというのは抵抗があるかもしれません。
長期的には、小型車に強く、ハイブリッドカー、電気自動車といった技術を持つ日本の自動車が、この景気減速のなかでさらにシェアを伸ばしていくことは容易に想像できます。いよいよ米国も英国同様に自動車産業を失うという危機的な状況が一挙に迫ってきたということでしょうか。
それにしても、金融の混乱で自動車ローンも組めなくなって、米国での販売台数が落ちましたが、構造的に見れば、日本車に有利な状況となっているわけですが、株価はそれとは関係なしに下がりっぱなしですね。

GMとクライスラーが合併予備交渉入り 米紙報道
GM、FRBに直接融資を要請する可能性=バロンズ紙GM、フォードにも打診 クライスラーと合併交渉前
フォード、マツダ株約20%売却へ

バナー←クリックありがとうございます。よろしくお願いします