バナー

 

著者の佐々木さんによると「インターネットのことはほとんど知らないし、掲示板やブログでどのような言論が展開されているかも把握していない」団塊の世代に属しているわけですが、2004年から、ブログを書き続け、ブログの世界とつきあってきて、そこで起こった出来事や、また感じてきたことがまるで走馬燈のように思い起こさせてくれる一冊です。
ブログ論壇の誕生 (文春新書 (657))


献本、また佐々木さんが選んだ著名人ブログリストにも、このブログをリストアップしていただきました。ありがとうございます。この場を借りて御礼を申し上げます。

ところで、実際にブログの世界に触れていると、かつてのITの世界に関連する人たちが占めていた時代と、多くの人たちが参加してきたこの数年で大きく変化してきたことを感じます。近江商人JINBLOGの上原さんが、最近ブログが面白くなくなってきたのじゃないかと爆弾発言をされたときは、かなり反論が寄せられていましたが、その時に感じたのは、面白くなくなったのかもしれないけれど、読んで参考になるブログも圧倒的に増えてきており、確かに、ライブドア問題の時や郵政民営化問題の時のような盛り上がりはないけれど、それはそれでいいのじゃないかと感じました。

それよりは、佐々木さんがリストアップされたブログの中には、かなりおなじみのものも紹介されていました。しかしRSSで登録しているブログはおよそ500サイト程度ですが、いつも参考にさせていただいているレベルが高いと感じるブログで佐々木さんのリストにはないものも多く、それだけブログのジャンルも多岐に渡ってきたということではないでしょうか。

最近感じるのはブログがどれだけ多数の人たちの人気を取るかという時代はもう終わってきているのじゃないかということです。関心のある領域で、どれだけいい情報や視点を発見できるかに移ってきているように感じます。人気があるから参考になるとは限らず、だから最近は人気をベースとしたソーシャルブックマーク、ソーシャルニュースなどが次第につまらなく感じるようになってきたのですが、どうでしょうね。あくまで、これはブログの読者としての感想に過ぎませんが。

いずれにしても、読みやすく、ブログの世界の変遷やそこで起こってきたことを俯瞰するには役に立つ一冊だと思います。ネットの世界はよくわからないという人も、この本一冊でかなりのことが理解できるものと思います。

はじめに ブログ論壇とは何か

1 ブログ論壇はマスコミを揺さぶる
 第1章 毎日新聞低俗記事事件
 第2章 あらたにす
 第3章 ウィキペディア
供.屮蹈囲醒鼎論治を動かす
 第4章 チベット問題で激突するウヨとサヨ
 第5章 「小沢の走狗」となったニコニコ動画
 第6章 志位和夫の国会質問
 第7章 安倍の窮地に暗躍した広告ロボット

掘.屮蹈囲醒鼎漏丙梗匆颪剖貲困垢
 第8章 辛抱を説く団塊への猛反発
 第9章 トリアージ
 第10章 承認という問題
 第11章 ケータイが生み出す新たなネット論壇世界

検.屮蹈囲醒鼎呂匹海妨かうのか
 弟12章 「JJ」モデルブログ
 第13章 光市「1.5人」発言
 第14章 青少年ネット規制法
 第15章 「ブログ限界論」を超えて

おわりに
あとがき
特別付録 佐々木俊尚が選んだ著名人ブロガーリスト

バナー←クリックありがとうございます。よろしくお願いします