バナー

昨日の内藤対清水の世界タイトルマッチは、仕事帰りに送ってもらった車の中で見ていました。清水のスピードがあり、華麗ともいえるボクシングと、内藤の変則とも見えるボクシングの異なるスタイルの対戦で見応えがありました。
8ラウンドに発表されたジャッジでは、僅差とはいえ、清水が2-0で勝っており、このことが内藤を力ませるのではないかという解説でしたが、逆にきっと清水のほうが、勝ちを意識して堅くなるような気がするし、内藤は後半に強いと言っていたら、9Rから流れが少し変わり、10Rについに内藤の、顔をそらして打つ独特のフックが入り、たたみかける内藤の攻撃で清水がダウン、清水はいったんは立ち上がったものの、内藤のラッシュに耐えきれずついにKOで勝負がつきました。
清水もいいボクサーだと感じましたが、さずがにプロの世界で鍛え抜かれた内藤選手だったという結果でした。清水選手はまだ若いので、この試合をいい経験として、また次を狙って欲しい物です。
ここまではよかったのですが、勝利者インタビューを行っていたさなかに亀田興毅が乱入して、雰囲気を壊してしまいました。誰がしかけ、亀田興毅をリングに上がらせたのかはわかりませんが、場内では亀田を罵倒するヤジが飛び、ほんとうに空気が読めないというか、かつて内藤選手をゴキブリと罵倒した亀田こそ、ゴキブリに見えた一瞬でした。

バナー←クリックありがとうございます。よろしくお願いします。