【今日の一枚】兵庫県たつの市の綾部山梅林です。梅と菜の花を楽しむ人たちで賑わっていました。
梅と菜の花


昨日は自宅から車で2時間ほどの兵庫県たつの市の綾部山梅林にでかけたのですが、朝早くから出発の予定が、ぐずぐずしているうちに遅くなり10時に到着。もうすでに駐車場もほぼ満杯。しかも団体でウォーキングする年配の人たちもかなり多く、梅を見ようという人で賑わっていました。

今年は梅の開花が遅れており、まだ5分から7分咲きという感じでしたが、三脚を立て、大口径の望遠ズームレンズを装着したデジタル一眼レフカメラで梅を撮る年配の人たちがまた増えたように感じます。もちろん家族連れも多いのですが、お年寄りの人たちの元気な姿の存在感はなかなかのものです。

私自身はレンズは、できるだけフットワークの効くものが使いたいので、タムロンの28-75mm F/2.8のズーム・レンズを使っていて三脚を立てることは滅多にありませんが、明るい大口径の望遠ズームレンズだとサイズも重量も大きいので三脚の利用が普通になりますね。

サークルなのか、写真教室なのか、やはり団体の方が目立ちました。なかには、交換レンズをいくつも持ってきていらっしゃるようで、キャリバッグを引っ張って丘陵を登っている人の姿もありました。昔だと、そういった姿は男性に限られたのですが、昨今は女性の方もかなり多く、デジタル一眼レフカメラの好調をこういった方々が支えていることがよくわかります。

今日の写真は、気軽で幅広い目的で使えるシグマの18-200mm F3.5-6.3のズームレンズで取ったのですが、綾部山梅林は、梅と菜の花と一緒に撮れる珍しいスポットです。菜の花は100円のポリ袋を購入するといくらでも摘めます。
この菜の花畑は、たつの市御津町が、稲を刈り取った後の田に菜の花を植え菜の花畑を楽しんでもらおうという観光戦略としてやっているのだと思います。

帰りは昼過ぎになりましたが、駐車場待ちの車の長蛇の列ができていました。昨年よりもあきらかに来客数は増えており、たつの市御津町の観光戦略は成功してきているようです。

>>たつの市御津町観光協会

バナー←お気づきの方はこちらの応援クリックお願いいたします


菜の花畑
菜の花

帰りに寄った姫路城の好古園で見つけた可愛い梅です。
梅