マイクロソフトがヤフーに買収を提案したそうですが、お互いよく似たビジネス・モデルなので果たしてどうかなと思っていました。それぞれのサービスがいかに似ているかはメディアパブさんのブログで詳しいのでそちらをどうぞ。
>>「マイクロソフト+ヤフー」,はたして相乗効果を発揮できるのか

合併による相乗効果というよりは、お互いのシェアを足してグーグルに対抗しようという機械的な判断なのだろうか、それならおそらく統合の過程で内部が混乱するばかりか、エンジニアの流出が起こりかねないし、なによりもユーザーが離れていくといった逆効果になりかねないとか、あるいはマイクロソフトがインターネットでなかなか成功しない原因を開発能力の不足と感じてヤフーで補おうとしているのだろうかとか考えていたのですが、突然、Yahoo!がマイクロソフトからの買収提案に対抗するためにGoogleとの検討をはじめたという記事を見ておもわず目が覚めてしまいました。
このマイクロソフトからの買収提案、さらにヤフーからのグーグルへの提携提案ということで、しばらくは株価もフィーバーするのではないでしょうか。
>>米ヤフー、グーグルとの提携を検討=関係筋

マイクロソフトって、いつも、こういう局面でたいてい嫌われるのですね。しかし、グーグルとヤフーが提携したら、それはマイクロソフトとの合併よりは衝撃が大きいことはいうまでもありません。こちらは相乗効果というよりは、独占への道をまっしぐらです。ポータルはヤフーでバナー広告を握り、検索はGoogleでリスティング広告を握るというふうになれば、いよいよGoogle帝国の誕生、ネット社会に巨大な独占企業が誕生することになります。
いまはいろいろ有利な状況をつくるための動きをヤフーはやっているのでしょうが、どうもマイクロソフトは寝た子を起こしてしまったのではないでしょうか。

バナー←お気づきの方はこちらの応援、お願いいたします