相撲
朝青龍と亀田兄弟を同じように考える人もいるようですが、まったくちがいます。亀田兄弟は弱くはないとしても、その程度の実力の選手はいくらでもおり、いえゆるヒール(悪役)にもなりきれなず、不快感だけが残ります。
しかし朝青龍は強い。朝青龍はかつての北の湖と匹敵するか、それ以上に立派にヒール(悪役)を演じる実力があります。その強さを白鵬との横審総見でのガチンコ勝負で見せてくれました。

しかも朝青龍が必ずしもヒール(悪役)とは思えないのは、大分県「大野町」での巡業での観客の人たちの歓声と拍手でした。しょせん外野席の評論家でしかない相撲関係者や、とくに発言に理性を感じない横審のオバサンは、朝青龍は大嫌いでも、一般には朝青龍ファンが多いという事実が浮き彫りにされたのではなかったでしょうか。

朝青龍が優勝できるかどうかはわからないとしても、横審総見での白鵬との勝負をみれば、足首の怪我も治癒したようで、優勝する可能性も十分出てきたようです。しかも、あれだけバッシングされ、戻ってきた根性はきっといざというときに違いとなって出てくるようにも思います。

優勝したら大相撲の「大」がなくなるということを言っている人がいますが、相撲も勝負の世界であって、もっと結果を素直に評価すべきです。練習に美学を見いだすというのは本末転倒の変な話です。相撲は弱くとも、一生懸命練習して、お利口ちゃんに振る舞う。それが日本的相撲の美学なのでしょうか。さまざまな相撲関係者の発言に違和感があるのはその点です。練習に美学を見いだすより、実際に求められているのは、練習にもっと科学を取り入れることじゃないかという気がします。

朝青龍がなぜ強いか。もちろん先天的な体力とか、運動神経とかもあるでしょうが、適当にさぼって、練習の正しいマネジメントをやってきたからでしょう。休場していても、横審総見での朝青龍を見ると、筋肉の盛り上がっており、また張りがあって、かなりトレーニングを積んでいたことを物語っています。

横審のオバサンみたいな考え方で練習に取り組んだら、疲労がたまり、怪我をするばかりで強くなれません。かつての「水飲むな」「ウサギ跳び」みたいなことを言っているに等しいという気がします。

「朝青龍が強いという事実」と「こうでないといけない」という思いこみの衝突が起こっていると思うのですが、なにか日本が工業化社会のパラダイムからなかなか抜け出せず、時代適応に遅れをとってしまったことと重なって見えてきます。

体格や体力が似た同士がやっていた昔の相撲と違って、今や外国人力士が増えたことで、体格、体力に大きな差のある今の相撲で、いつまでも化石みたいな考え方をしていると日本人横綱が誕生するのはほぼ絶望的でしょう。
朝青龍が嫌いで、朝青龍に勝てる力士を育てたいなら、また相撲を本当に面白くしたいなら、練習方法や分析方法などでイノベーションを起こすことじゃないでしょうか。

バナー←お気づきの方はこちらの応援、お願いいたします