和太鼓

大阪出身で古くからの知り合いのピアニスト鈴木和郎さんのライブがあるというので行ってみると、和太鼓の上田秀一郎さんとのコラボレーション・ライブでした。

ピアノと和太鼓というのは意外な組み合わせでしたが、よく合います。音と音が激しくぶつかりあったかと思うと、補い合い、さらに新しい音の空間へと広がっていきます。太鼓が情景を映し、ピアノが風になったかと思うと、ピアノが描く世界に太鼓が凛として空気を裂くように割って入ってきます。
紀尾井小ホールで収録したCDがこちらで購入できますので、ご興味のある方はどうぞ。
ラストサマー>>Last Summer

このおふたりのコラボレーションは昨年3月から始まり、Boss of the kid'sとして活動を続けていらっしゃるそうですが、今後が楽しみです。
ジャズ・ピアニスト&アレンジャーである鈴木さんは、谷村新司さんのCDの編曲やCMソングなども手がけていらっしゃいますが、クラシックがボサノヴァと出逢えばということで「ボッサ・シック bossa・ssic」というCDを出していらっさいますが、こちらはお洒落でアダルトなアコースティック・サウンド。激しく、壮大な和太鼓とのコラボレーションとはまたひと味違う雰囲気が楽しめそうです。

ボッサ・シック

会場では写真が撮れなかったので鈴木さんのオフィシャルサイトから頂戴しました。事後承諾ということでよろしくお願いします。

バナー←いつもクリックありがとうございます