食品の裏側―みんな大好きな食品添加物

原材料が高騰する中で、ここぞとばかりに、大手スーパーが逆に値下げ攻勢にはいり、顧客争奪戦をしかけはじめたようです。ほんとうにせき髄反応というか、呪われたみたいに同じ行動に出る業界ですね。
日経の記事で、「メーカーと組んだ物流の見直しでコストを削減」というようなことが書かれていましたが、本当にそんなことを信じて書いているのでしょうか。

>>スーパー、苦肉の特売・食品原料高騰でも

ほとんど利益を出していない、地平線をはうようなマイナーなメーカーに、さあ売り上げが欲しいでしょう、この仕切り価格で納品してくれたら買うよ、さあどうする、物流費用もそちら負担ね、なんだったら取引やめてもいいよとバイヤーが囁くだけのことです。そんなのはバイヤーとは言いいません。そんなバイヤーもどきほど、本来はお客様のために代理購買をしているという役割、立場をわかっておらず、ほとんど自分が客だと錯覚する病魔に侵されているものです。

価格が安ければそれでいいじゃないかと思いますか。納入価格を下げられたメーカーがなにを考え、どんな手を打つかは誰だって想像できますね。産地をごまかすというのはまだ初歩的な偽装です。そんなことはしないでしょう。しかし、もっと巧妙な手口を使うようになってくる可能性が十分にあります。

食品は品質が分かりにくい分野だけに心配です。ミートホープみたいに露骨でなくとも、合法範囲でいくらでも「加工」できるのが食品。しっかり食品の裏の表示を見る習慣を付けておいた方がいいと思います。
いいものが安くなっていくというのはPCとか、デジタル家電などの工業製品での話。食品ではありえません。そんな神話はとっくにほころび始めています。安いモノにはそれなりの理由があります。警戒心をもったほうがいいですね。

バナー←いつもクリックありがとうございます