ずっとエクセルの表を睨んでいたら疲れたので、気分転換にブログを巡回すると、ブログ”FIFTH EDITION”で「HTMLのみを使って描くART」という記事を見つけました。そちらのサイトでYoutubeの動画で描かれている様子を見ることができます。
HTMLだけを使って絵を描くという・・・さらにありえない・・・縛りプレイがどんだけ好きなんだ日本人・・・・マゾすぎる
見ていると確かに芸が細かいというか執念みたいなものを感じます。さてHTMLで描くというのはどういうことかというと、表で表現するということです。たとえば1つのセルの幅と高さが1ピクセルというように細かく作って、セルに色をつけていくということになり、画像が極端に重くなってしまいます。
ペンギン酔狂といえば、画像をHTML化するというサイトがあり、ブックマークしていたのでご紹介しておきます。右のペンギン画像は3KBの軽いものですが、HTML化すると274KBにもなるようです。実際にはそれ以上の負荷があるように感じます。みなさまにご迷惑になってはいけないのでHTMLで描いた画像表示はやめておきます。
確かめてみたいという方は、
Image to HTML Converter のサイトでどうぞ。
ネットの世界も広いのでいろいろなものがあると関心しますね。

バナー←いつもクリックありがとうございます。