電通CR&P塾

こんなサイトを見つけました。ヒマな人、相当我慢強い人、電通嫌いでなにか悪口のネタがないかと探している人、なんとしても電通CR&P塾に入ることが将来を開くと信じている人以外は見ないほうがいい類のサイトではないでしょうか。
>>電通CR&P塾 電通クリエーティブ塾

応募サイトを面白くしようとしてすべったというか、世の中に自らのメッセージをいくらでもネットで発信できる時代の空気が読めていないような気がするサイトです。
アクセスすると、いきなり「君は面白い!!」というのにも困惑しますが、entryをクリックすると
入力枠がでてきて、テキトーに言葉を入力すると「変態」とか「只今、プリンタ停止中。」という言葉が返ってきます。そこは大人になって、きっと何かが始まるに違いないと待っていると、君の書いたコピーが世の中にでるとはこういうことだといいたいようなB級動画見せられるのにはうんざりですが、あげくのはてに「キモチイイ?」と問われてもねえ。
それでキモチイイ!と感じた人は、クリエイティブに向いているかもしれないってことですが、よくわかりませんね。いつの間にそうなったのでしょうか。きっと広告代理店に勤めるということは、たとえ天下の電通であっても、クライアントの皆さまからの無理難題、あるいは理不尽な言葉、たいした広告予算もないくせにクライアント面する窓口担当の態度にもひたすら耐え、粘りづよく提案していく忍耐力が必要であり、耐えることがキモチイイ!と感じるひとしか向いていないかもしれないという逆メッセージなのかもしれません。

そんな内容を最後まで確かめてみたいという人のために一応解説しておきます。インスタントラーメン出来上がるほどじっと待っていると動画が始まります。終わってから、もう一度、同じ言葉でも、違う言葉でも入れてクリックすると、よく似たもうひとつのシナリオが展開します。あとは何度やっても同じことです。シナリオがふたつしかないというのはあまり予算がなかったのでしょうか。
あっ、今頃気づいけれど、た、これは罠かもしれません。天下の電通がこんなにくだらないでクリエター塾の応募サイトを作っているよという話題をとれば、かえってみんなに広がるんじゃないかってことか。口コミマーケティング、バイラル広告なんだ。見事釣られてしまいました。

バナー←いつもクリックありがとうございます。