今回のDiggの事件に関しては、Web2.0という「あんたが主役」という世界では、結果としては当然起こりえるとしても、当初は予期せぬ出来事にサイト管理者がどう対処するのか目が話せない出来事でした。
インターネットの世界はその経過がオンタイムで観察できるのがすごいという妙な感動もありました。
HD DVDの不正コピー防止のための暗号キーが書き込まれたサイトがDiggでピックアップされたという微妙な問題から事件は始まります。Diggの管理サイトとしては知的所有権を侵す投稿は、Diggの生死にかかわるような問題であり、彼らは投稿を削除するという決断を行います。そのことがDigg炎上という事態を呼びました。これまで見たブログの炎上どころでないとんでもない規模で事件は広がっていきました。そんな異常事態のなかでDigg創業者Kevin Roseの悲痛な決意が表明されます。

トラックバックいただいた「今日のニッパウ」さんが
「Digg.com炎上。公式ブログでの設立者の悲痛な決意」で創業者Kevin Roseのメッセージを翻訳してくださっていますが、創業者の気持ちを正直に伝える言葉が入り、そこから急即に事態が収集していきました。
みんなが望むのなら、そのようにする。たとえそうしてDiggが、知的所有権違反で潰されたとしてもDiggはそうするという悲痛な決意です。思わず、今読んでいる『ビジョナリー・ピープル』に登場する持続する成功を実現した人々の発想を思い出してしまいました。

今、何百という投稿と、何千というコメントに目を通してユーザーがこの件をクリアにしてくれた。
ユーザーは、Diggがより巨大企業に屈するよりも、戦うところが見たいんだろう。
ユーザーの声を聞いたんだ。それで、今後は例のコードを含んだ記事を削除するのをやめて、何であろうとこれから起こることに対処していく。
もしも、僕らがまけたとしても(なんてこった)僕らは挑戦して死んだんだ。
Web2.0は、主催者ではなく、ユーザーが主役の世界であり、それだけ主催者側には時と場合によっては大きなリスクが発生してきます。そのリスクを取れないとするならWeb2,0の世界には近づかないほうがいいのかもしれません。
Diggは、ユーザーが主役であることを表明して、危機を脱しました。これこそマーケティング・マインドじゃないかという気がしています。そんなところをしばしばWebの世界は見せてくれるから目を離せないんですよね。

バナー←クリック感謝します