携帯電話の機種に関してはそう詳しいほうではないですが、話題になっているアップルのiPhoneのサイトを見たとたんにこれは凄いと感じてしまいました。日本で登場するのはいつごろになるのでしょうか。多分世界で一番最後に入ってくるのでしょう。
このアップルのサイトのデモが優れものなので、まずは体感してみてください。スペックをつぶさに検討するというよりはイメージで選ぶ性格でないので、このデモサイトみたいなものを見せられると弱いですね。
インターネットのサイトを表示して、指でタッチすると画面が拡大され表示されていくあたりはいかにも使いやすそうです。
>>iPodの機能 
>>電話機能 
>>インターネット機能 

よく似た携帯電話としてはNTTドコモがビジネスFOMAとして、一昨年の7月に発売したM1000がありますが、こちらはさほど話題にはなっていなかったように思います。アップルがやると何かが違うというイメージが刷り込まれてしまっているのでしょうか。
まずはホームページの違いを感じます。M1000はビジネス用と位置づけてしまったためか、説明的であり体感できるiPhoneのホームページのつくりではありません。フラッシュのサイトでM1000の部分を舐めるようなクローズアップから始まりますがハード好きでもないかぎり、まあ作り手の自己満足かなって感じてしまうのではないでしょうか。
>>M1000フラッシュのサイト 
>>M1000製品情報サイト

M1000もインターネットのフルブラウザが見れるように携帯としては2.9インチと画面が大きいほうですが、iPoneはさらに大きい3.5インチのワイドな液晶で、携帯全体が画面という感じがいいですね。アクオス携帯のSoftbankSH911の3インチでもかなり液晶が大きくなったと感じますから、画面の大きさにはかなりこだわっ結果のデザインでしょう。
しかもM1000はまだ普通の携帯電話をどこか感じさせますが、iPhoneのデザインは携帯電話という概念から飛びぬけたという印象です。携帯電話というよりは電話機能を持った新しいモバイルツールというイメージではないでしょうか。

M1000はiTuneから音楽をデータ転換してインポートできるので音楽だけなら実質的には変わらないと思うのですが、M1000でPodキャスティングを見ることができるかどうかはわかりません。しかしやはりイメージ的にはiPodそのものというほうが強いですね。
通信機能としては、M1000も無線LANとPHSのモペラに対応しており、iPhoneが無線LANとEDGEというのと同じです。Bluetooth対応というのも同じです。
液晶のタッチパネルで文字入力するというのも同じですが、M1000が入力方式を選べるのと、ペンを使うという方式ですが、iPhoneは指で入力する方式です。携帯電話のボタンから入力する方式は辟易しますが、タッチパネルからの入力がどのようなものかは実際にやってみないとなんともいえません。
いろいろスペック比較をしていくと、iPhoneとM1000は大きな差がないことがわかります。あとはOSがiPoneはMacOSXをベースとしたものであり、M1000が
Symbianですが、この性能がどうかということは実際に使ってみないとわかりません。
なんだか、機能を見れば見るほどM1000とiPhoneは実質的には差がないようにも感じるのですが、M1000は心ときめくものを感じさせてくれません。M1000とiPhoneを比べていて、ソニーがアップルのiPodに対抗するHDD搭載ウォークマン「NW-HD1」を発売した時のことを思い浮かべてしまいました。「ハードや機能の世界」対「体感の世界」の差です。
>>崩壊しはじめた?SONY神話

>>人気blogランキング