Googleもこの9月で満8歳の誕生日を迎えたわけですが、佐々木 俊尚 さんの「グーグル Google」はよくまとまっており、Googleという会社を理解するためのいい本だと思います。
そのサブタイトルにあるように、Googleは「既存ビジネスを破壊」する存在として恐れられる存在でもありますが、それだけ彼らがイノベーションにチャレンジし、またイノベーションを起こしてきているということではないかと思います。

彼らは一見ビジネスには繋がらないようなアイデアでも、自由奔放に世に出していくクリエイティブな集団だという側面も否定できません。ちなみにGoogleLabsでいま走っているベータ版をご覧ください。ほんとうに開発がどんどん進んでいることがわかります。

Googleは、祝日にはGoggleのロゴをさまざまに変化させるという茶目っ気もありますが、こんな茶目っ気もありました。digg経由でGgoogleのかわいい隠れページを見つけました。まずは下のリンクをクリックして、動き回るハートをクリックしたり、しばらく放置したりして楽しんでみてください。バレンタインのために作ったもののようです。

>>GoogleのI love youのページ
google


好きな人にGoogleのこのページのURLをメールで送るというのもオシャレかもしれません。

そのページの下のほうに「various languages」と「I love you」をキーワードにした検索結果ページに飛んでいくるリンクがあります。その検索ページのトップが「Wonderful Life * I Love You 」というサイトですが、そのJapanese(日本語)のところを見て思わず笑ってしまいました。お忙しいかたのために「続き」以下にコピペしておきます。

blogランキング「経営・マーケティング」で注目した記事
【Xbox360をマーケティングする(羊)】知恵のネットワークス (64位)

Japanese                          Kimi o ai shiteru
Japanese                          Aishiteru
Japanese                          Chuu shiteyo
Japanese                          Ora omee no koto ga suki da
Japanese                          Ore wa omae ga suki da
Japanese                          Suitonnen
Japanese                          Sukiyanen
Japanese                          Sukiyo
Japanese                          Watashi Wa Anata Ga Suki Desu
Japanese                          Watashi Wa Anata Wo Aishithe Imasu
Japanese                          Watakushi-wa anata-wo ai shimasu
Japanese                          Suki desu  (used at 1st time, like for a start,
                                          when you are not yet real lovers)