Googlの地図を利用するサイトは結構あり、勝手に”Googlemaps+X”と呼んでいますが、ブログGoogle Maps Maniaを見ると、いろいろ面白いものが登場してきているようです。
たとえばGeowalkは、Googlemapsに立ているフラッグをクリックすると、そのスポットのWikipediaの情報と、Flickrの写真、Booking.comのホテル情報がでてきます。
>>
Geowalk
googlewalk




同じグループから、空港情報のサイトもあります。これはWikipediaの空港情報とFlifkrの写真です。アメリカやヨーロッパは地方分散化していて空港がたくさんあるから便利かもしれません。
>>World Airport Explorer

かなり進んでいるとも思うのはGchartで、地図をクリックすると、その地の時刻とFlickrの写真がでてくる『Local Time』その地を紹介する『Video Map』、その地のブログのリンクサイト『Blog Map』、旅行ブログへのリンク『Travel Blog』があるだけでなく、クリックしてそのスポットを表示させると、出会いサイトや旅行、ニュース、大学などへのリンク集も備わっています。
>>Gchart

 きっと、Googlemaps+Youtubeというのは相当強力そうですが、いまに登場してくるのでしょううか。地図とさまざまな情報をリンクさせることは、もっと広がってくると思いますが、いつも感じるのは、でてくるFlickrの写真が、いまひとつピンと来る写真がありません。その地の写真といっても、別にFlickrに写真をアップしている人はご当地案内を目的にしてやっているわけでなく、いまのFlickrの写真をピックアップするというのはちょっと無理があるような気がします。
それに写真に地域情報を載せるのというのは案外面倒なのです。これは日本の写真SNSでも写真にどこで撮影したかをマークさせるサイトがありますが、やってみると途中で嫌になってしまいます。
デジカメでもデジタルムービーがGPSを標準装備していればいいのですが、技術的には何の問題がないとしてもコストの壁があります。
相当強力なネットとハード側のコラボレーションをやらないと単なるコストアップになってしまうので、写真にスポット情報をつけるというのは実現が難しいかもしれませんね。
地図と写真やムービーは相性がよく、とくに旅行を考えると写真情報が重要でしょうが、ちょっと別の仕掛けが必要なのかもしれません。

最新の人気blogランキング