統一教会への祝電問題。安倍官房長官と保岡興治元法務大臣が統一教会主催合同結婚式に祝電を送り、それを披露するシーンを撮ったビデオ画像がYOU TUBEにアップされています。そのビデオ画像がブログではずいぶん広まっていましたが、なぜマスコミが取り上げないのかにしないのかと不思議に思っていました。全国霊感商法対策弁護士連絡会が19日、「統一教会の内外の宣伝に利用されかねず、遺憾だ」として公開質問状を郵送したことを受けてか、安倍官房長官はこの件を認め「私人の立場で地元事務所から『官房長官』の肩書で祝電を送ったとの報告を受けている。誤解を招きかねない対応であるので、担当者によく注意した」というコメントを出したことがニュースになっていますが、ずいぶん他人事に聞こえます。
たとえ、事務所がやったとしても、寄付金があったからと考えるのが自然です。票田や選挙資金につながるのなら悪魔とでも手を組むのかといいたくなります。問題になった天宙平和連合(UPF)が「祝電の中身は公表を控えたい」ということですが、安倍さんのほうから公表すべきでしょう。
祝電を送った人たちを見ると、自民党議員が多いのですが、民主党の議員も混じっており、ちょっと政治家として軽率すぎるのじゃないかと思いますし、統一教会のロビー活動の幅広さに驚かされます。

YOU TUBEの動画をご覧になっていない方は、こちらでどうぞ。
合同結婚式

弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS−BLOG版で、「統一教会の今 そして安倍晋三官房長官の重い責任」、 「祝電事件、これでは統一協会問題を放置したのは、自民党ではないか!」と厳しい批判がありますが、これまで安倍さんは「安晋会」や「慧光塾」からつらなるライブドア問題、ヒューザーの耐震偽造問題との関わりなどの疑惑などををすり抜けてきたけれど、またかということですね。多すぎます。いくら総理候補でトップの人気といっても、ちょっと危なっかしすぎて怪しくなってきそうです。

最新の人気blogランキング