あまりに評価が高いので、行ってみました。京都紫野の「手打ち蕎麦 かね井」。なかなか両方ともよいというところは少ないのですが、確かにダシも蕎麦も美味しい、蕎麦好きは足を運ぶ値打ちがあると思います。
かね井

ここの紹介が詳しいので、つけくわえることはありませんが、突き出しにでてきた山葵のしょうゆ漬けが、「琵琶乃長寿吟醸生」をひきたててくれ、さらに白味噌の焼き味噌、蕎麦がきも美味しくいただきました。白味噌を使うところがさすが京都です。
ちなみに蕎麦の店の情報サイト「(蕎麦遊楽」さんのサイトは、内容やコメントが充実しており、とても参考になります。行ったことのある店は、「ふむふむ。そうそう」という感じです。
玄関の暖簾を揺らして入ってくる風が、濡れ縁と竹垣のお庭に通り抜け心地よかったのは、町屋を改造したお店ならではですね。
風



庭


京都は町屋を改造した新しい店が増えてきています。「かね井」の隣の店がまた面白かったのです。銭湯を改造したCAFEとブティックで、昔の浴室のつくりやタイルも生かしてあるのですが、タイルの模様がとてもハイカラ。当時銭湯を利用していた人たちはどのように感じていたのでしょうか。

銭湯

タイル


人気blogランキング