幸運なことに、私は、マーケティング・プロジェクトのチームメンバーとして、いくつかの成功を経験させてもらってきました。プロ野球でしたら、ピッチャーの勝率とか、防御率、あるいは打者の打率という数字がありますが、マーケティングの世界でもそういった数字があるとすると、かなりの勝率だと勝手に思っています。成功体験というのは、財産です。つい最近も、目薬の分野で面白い仕事をさせてもらいましたが、その会社のトップから、なぜ成功したのかとご質問を受けましたが、どのようなマーケティングのしかけを行ったかを説明しました。しかし、「戦略は結果として描かれる」ものです。一番確実なのは、グッドチームを作ったからにほかなりません。グッドチームが生まれると、課題に対して次々にアイデアが膨らんでいきます。生き生きしたコラボレーションが生まれてきます。これまでの成功体験の背景には、必ず、グッドチームが存在していました。マーケティングは、ひとりの情報や知恵だけでは、なかなか生きた解決は生まれてきません。まずはグッドチームは、ピンチを救う、あるいは成功の女神を引き寄せるゴッドチームともいえます。いいマーケティングを展開したいと思われたら、まずはグッドチームを編成し育てる。そこからはじめてみてはいかがですか?続きを読む