大西 宏のマーケティング・エッセンス

価格がすべてではない 

「価格が他社より高いから売れない」、「もっと安くしなけえば売れない」という嘆きを、よく聞きます。しかし、本当でしょうか?
買い手の立場に立ったとき、私たちは、どんなものでも、安ければ買うのでしょうか。決してそんなことはありません。
売れない、売り負けている理由を安易に「価格」のせいにしていたのでは、なんら創造的な解決は生まれてきません。
実際、最近私が陣頭に立って展開した医薬品のマーケティングを例にとってみましょう。
続きを読む

新幹線の車中で

最近気づいたことですが、新幹線のぞみが停車している間は、快適とはいわないまでも、実用の範囲でインターネット接続ができます。
たとえば、このBLOGの投稿ですが、東京駅でサイトを開き、名古屋までの間で書き込みをやって、名古屋駅で投稿するということが可能です。続きを読む

売れる仕組みと儲かる仕組み

マーケティングは、「売れる仕組み」づくりといえます。しかし、昨今は、売れているから、儲かっているとは限りません。
マスコミは、デジタル家電が好調だから業績が良いというような記事を平気で書いていますが、決してそういうわけにはいきません。
今日のデジタル商品は、ライフサイクルが極端に短くなっています。新製品を出して1年もしないうちに、もう旬を過ぎた製品として値崩れが起こってくる、とんでもない世界です。続きを読む

磁力のマーケティング

魅力ある製品やサービスが、多くの人びとを引き寄せ、大きなマーケットを生み出すことはいうまでもありません。
しかし、今日、生活者の人びとの個性化が進み、消費も高度化してくると、それぞれで、ニーズやウォンが違ってきます。
逆に言えば、それだけきめ細かな製品やサービスが供給されるようになってきたともいえます。続きを読む

ふたつの市場

コンシューマ分野の商品で、「市場」といった場合、それは普通生活者の市場、つまりエンドユーザー考えます。しかし、今日は、市場といった場合、小売店などの流通市場と生活者の市場との両方を想定したマーケティングが必要になってきました。続きを読む

密度の経済

現代のビジネスでは、スケール メリットが単純には働くなってきています。大量に生産することにより、学習が積み重なり、コストが飛躍的に下がり、競争優位に立てる。このようなスケール・メリットは過去のものになってきています。続きを読む

買い手のほうがプロ

マーケティング環境で、大きく変わってきているのは、生活者やユーザーの商品選択の基準がどんどん高度化してきているということです。
「プロシューマ」という言葉が生まれました。商品に関した知識が供給側より高く、商品の選択においてもプロ並みのレベルという消費者のことを言います。
次に、生活者のひとびとが、単に製品の機能や品質だけでなく、それが自分の使う目的や、あるいは自分の生活シーンや生活感性にあっているかどうかということもモノを選ぶ基準として普通になってきています。
そういったモノの選択の高度化が進んでくるにつれて、マーケティングのなかで、リサーチ(調査)が極めて重要な役割を担うようになってきました。
続きを読む
メールマガジンのご案内

Foomii


購読料515円/月
毎水曜日発行
PR


商品検索
モバイルにも強い
SFA営業支援システム
タイムラインも
営業ナビゲーターも標準搭載
スマートフォンでさらに
活用が広がります
actioncockpit
クラウド型
新世代SFA営業支援システム
アクションコックピット


そもそも
SFAとはなにかを知りたい方はこちら
SFAとは?
記事検索
過去のエッセイ
大西 宏のプロフィール
マーケティングの実践の畑を歩んできました。生活用品・インテリア・化粧品・デジカメ・産業財など多くのジャンルに関わってきましたが、CI、人事システム、情報システム開発などのプロジェクトも体験しており本職がなにかを疑われそうです。
バブル以降、マーケティングは冬の時代であったと思いますが、昨今は、マーケティングを見直す機運が高まってきており嬉しい限りです。

■コア・コンセプト研究所代表取締役
■ビジネスラボ代表取締役

メールmail
講演・セミナー
講演・セミナーの講師ご依頼は
こちらまで
XML
  • ライブドアブログ