大西 宏のマーケティング・エッセンス

営業のコーチング・ツールとしてのSFA

アメリカンフットボールの試合を見に行かれたことがありますか。面白い光景を見ることが出来ます。スタンドの上の方で、ビデオカメラを構えて、撮影している集団がいます。しかも、それぞれの人たちが、ほとんど同じようなことを大きな声で喋っています。ちょっと異様な光景ですが、実は「スカウティング」をやっている各チームのスタッフの人たちです。声を出しているのは、どの地点から、どんなプレイがあって、どれぐらい進んだかといった試合の進行の様子を録音しているのです。
「スカウト」は「偵察する」ということです。アメリカンフットボールに限らず、他のスポーツでも、この「スカウティング」は極めて重要になってきています。孫子のいう「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」です。
続きを読む

イニシアティブということ

今、東京行きの「のぞみ」の車中です。ちょうど富士山の横を通過している所です。朝起きると空が気持ちよく晴れわっていたので、今日は富士山が見えるかなと思いましたが、残念ながら雲に覆われています。それになかなかインターネットに繋がってくれません。

本題に移りましょう。

「イニシアティブ」というのは、「最初の第一歩」ということです。よく社是などで書かれている「率先垂範」と考えてもいいのではないでしょうか。「自ら進んで働きかけること」といえるかもしれません。さらに「進取の精神」という意味合いも持っています。この「イニシアティブ」は、仕事の中でますます大切になってきているように思います。
続きを読む

選挙情報専用サイト

実践起業!成功への道。blogで人脈は作れるか?」さんのblogで、「選挙のためのblogサイト ele-log」が登場したことを知り、さっそく見てみました。

いい企画だと思って、調べてみると、なんと昨日はトラックバックは会員だけということでした。ところが「会員登録」できるところが見当たりません。また、コメントも、いったん各議員のチェックが入ってからの掲載ということでガッカリでした。
そのことをさっそく、「実践起業!成功への道。blogで人脈は作れるか?」さんのblogにコメントしました。

今朝見たら変わっていました。トラックバックができるようになっていました。また、共産党の「後藤勝彦さんのblog」にちょっと辛口のコメントしてみたのですが、ちゃんと掲載され、誠実なご回答をいただいています。
是非ご覧ください。
「後藤勝彦さんのblog」

批判的なトラックバックやコメントも、受け入れるかどうかも、各議員の方、また議員候補の方を判断する大きな材料だと思います。
このサイトで政治、また選挙に対する関心がすこしでも高まっていってほしいと願っています。

このまま、無関心が続くと、時代にそぐわない政治のシステム、行政のシステムが変革されず、確実に日本を沈没させることは

『間違いない』

そう思います。

↓おひとり、おひとつのクリックが私の元気の素になっています。
 人気blogランキング
ありがとうございます。

マズローの欲求5段階説って信じますか?

今日は2つめの投稿です。オフィスには出ていますが、完全休養宣言!明日も仕事だからです。
朝は、針灸院に行ってきました。生まれて初めての体験です。効果があったのか、体調がGOODです。

なぜ、マズローを持ち出したのかですが、このサイトで、今週は、金井壽宏先生の著作を推薦しています。その中に金井先生の監訳で、マズローの『完全なる経営』という本がありました。さっそく本棚を見たらありました。読んだ形跡はあるのですがほとんど内容を覚えていなかった本です。
マズローといえば、『欲求5段階説』で有名です。もうずいぶん古い話題なので、もう関心のある人はいないだろうなと思って検索したら、掲載しているサイトがいっぱいありました。驚きです。
それらのサイトで『マズローの欲求5段階説』になんの疑問もなく、人の欲求は、あたかもそういうものだと解説している人たちへの素朴な疑問を書いてみます。続きを読む

ノーサイド

ストレスとうまくつきあうコツの第二弾です。

身体の接触があるスポーツは、ルールに沿った喧嘩みたいなものです。ラグビーもそうです。やられたら、やりかえす世界で、反則になりますが、密集の中、パンチが飛んでくることすらあります。
ラグビーは、ゲームの終了を『ノー・サイド』といいます。もう敵も味方でも、どちらの側でもないという宣言です。定期戦などでは、その後にパーティが開かれます。つい先ほどまで、それこそ『殺す』つもりでやりあっていた連中が、敵も味方もなく、肩を組み合って、ビールを飲みながら一緒にはしゃぎまわります。スポーツ体験のない人には、理解に苦しむ世界かもしれません。先ほどまで厳しくやりあっていた同士が、よくもまあ、そこまで仲良くできるのかと言いたくなるかもしれません。ほんとうに『ノー・サイド』なのです。

続きを読む

ストレスとつきあうコツ

ストレスの多い社会です。情報は洪水のように駆けめぐり、めまぐるしく時代が変わっていきます。それと比例して「ストレス」解消の市場もどんどん広がってきています。お茶やアロマテラピー、音楽、温泉などの癒し系、マッサージやソファー、低反発性の寝具などのリラックス系、フリスクや目薬、メントールのたばこなどの気分転換系など、挙げていけばきりがないぐらいです。
今回は、「ストレス耐性」というテーマのリクエストがありましたので、ストレスとのつきあい方について書いてみたいと思います。
まず、私自身がどうなのかを「ストレス ケア オンライン」で診断してみました。他のサイトでも、いくつかやってみましたが、ほぼ同じ結果です。ご紹介します。

続きを読む

地域という豊かさ

消費という点では、日本は極めてレベルの高い国です。日本と海外で、同じ消費者調査を行うと、そのことがよく分かります。日本人は、商品知識が豊富で、しかも目が肥えています。
しかし、そういった消費の豊かさに比べて、地域社会は、どんどん荒んでいっているように思います。
もう10年以上前でしょうか、ロンドンで活躍していたイタリア人のデザイナー、ミナーレさんの家に招待されたことがありました。ちょうどクリスマス・キャロルがある日でした。ミナーレさんの子供たちの晴れ舞台ということで、教会に連れて行ってもらったのですが、ショックでした。これが豊かさだと一瞬に感じました。伝統のある荘厳な教会は、地域の人たちで一杯です。そこに子供たちが賛美歌を歌いながら入場してきます。子供たちも真剣そのものです。日本ではどうでしょうか。味もそっけもない学校の講堂で発表会なんかがあるのでしょうが、「親」が来るだけです。地域の人たちが集まってくるわけではありません。
続きを読む
メールマガジンのご案内

Foomii


購読料515円/月
毎水曜日発行
PR


モバイルにも強い
SFA営業支援システム
タイムラインも
営業ナビゲーターも標準搭載
スマートフォンでさらに
活用が広がります
actioncockpit
クラウド型
新世代SFA営業支援システム
アクションコックピット


そもそも
SFAとはなにかを知りたい方はこちら
SFAとは?
記事検索
過去のエッセイ
大西 宏のプロフィール
マーケティングの実践の畑を歩んできました。生活用品・インテリア・化粧品・デジカメ・産業財など多くのジャンルに関わってきましたが、CI、人事システム、情報システム開発などのプロジェクトも体験しており本職がなにかを疑われそうです。
バブル以降、マーケティングは冬の時代であったと思いますが、昨今は、マーケティングを見直す機運が高まってきており嬉しい限りです。

■コア・コンセプト研究所代表取締役
■ビジネスラボ代表取締役

メールmail
講演・セミナー
講演・セミナーの講師ご依頼は
こちらまで
XML
  • ライブドアブログ