大西 宏のマーケティング・エッセンス

ライブドア対楽天。アクセスでもいい勝負


さて、「楽天が失速。ダメージは予想以上か?」で、Akexaというアクセス統計のサイトを使って、両社のアクセス数を比較しました。そこでわかったのは、今年に入って、楽天のサイトへのアクセス数が減っていることでした。ただ、いただいたコメントの中で、yahoo japanのアクセスも似た傾向でありAlexaの問題か、日本全体の傾向だったのではないかというご指摘がありました。そこで両社のランキング(全世界のサイト)で見てみました。そうすれば、日本がどうであったかということではなく、両社の実力比較につながるはずです。上のグラフの青い線が楽天のサイト、赤い線がライブドアの世界ランキングの推移です。

続きを読む

焦点は、ライオンズ、ホークスをいかに守るかに

昨日のコラムの追加です。今、プロ野球は、ライブドアと楽天に対する審査が進められていますが、日本シリーズ終了後に急がなければならないのは、ライオンズとホークス問題です。事態を待って、対処するんではなく、この両チームの経営から、ダイエー、また西武鉄道にはお引き取りいただくようにプロ野球機構としては動くべきです。ライブドアや楽天に「公共財」としての球団保有の資格を問うならば、他の球団についても疑問はあるですが、少なくともダイエーと西武鉄道に、その資格はありません。楽天にしろ、ライブドアにしても、プロ野球機構は受身です。アダルト問題に30分もかけたというのは想像するだに滑稽でした。聞かなくとも状況は調査できるはずです。情けないですね。新規加入の問題は、いわば上座に座って両社の提案を聞いていればいいのですが、ライオンズとホークスの問題は自ら知恵をしぼって、解決策を立てなければなりません。さあ、お手並みを拝見しましょう。特に、読売さん、巨人軍さん、読売出身のジャーナリストから「ナベツネのハイツクバッタ」とまで言われた屈辱を晴らす絶好の機会です。がんばってください続きを読む

ライブドアか、楽天かの選択よりも大きな問題

ライブドアか楽天かという審査をプロ野球機構は進めていますが、楽天に決めたいという本音がちらちらと見え隠れしているという印象を受けます。しかし、いずれに決定したところで、プロ野球機構は大きなリスクを負っているとことを考えておく必要があります。ライブドアに決めれば、はたして他の球団とうまくやっていけるのかという懸念があり、楽天に決めると、やはり「読売」がしくんだことだとファンの失望、プロ野球機構への不信感が広がります。プロ野球機構は、課題が山積みであり、今の時期に自らを窮地に追い込むことは避けることが賢明だと思います。余計なリスクを避けるということでは、ドラフト会議のようにクジで決めればいいだけのことです。それのほうが公正でありファンの納得も得られますね。新球団のいいスタートが切れます。続きを読む

税金の無駄遣い - 国際捕鯨委員会への参加

ダイエーが再生機構に支援要請し、また西武の堤オーナーが有価証券訂正問題で全役職を辞任するというビッグニュースが流れたさなか、しかも7月の出来事なのでちょっとタイミングが悪いかもしれませんが、捕鯨問題について書かせて下さい。
イタリアで開催された国際捕鯨委員会で、南極海での禁漁区撤廃沿岸捕鯨も、またノーとい結論が出ました。捕鯨は日本の文化そのものですが、捕鯨再開の見通しもないままに、毎年、国際捕鯨委員会が開かれています。この国際捕鯨委員会は、もともとは、水産資源を守ろうということで生まれたのですが、当初の目的からは大きく逸脱し、まったく性格の異なる委員会に変わってしまいます。
今や、ほとんどのメンバーが非捕鯨国です。しかもかなり怪しげになってしまったこの委員会に、日本から毎年、恒例の行事のように、外務省、水産庁、農水副大臣、自民党関係者ら50名にものぼる人びとを派遣しているのです。ほんとうにこんな無駄な金を税金で使いつづけている神経がわかりません。関係者は、なぜこの委員会から脱会しないのかをこの国会で説明すべきだと思います。
続きを読む

中国のネット人口は世界第二位 - ネット企業がどんどん進出

中国を冷戦時代の共産主義国として見てしまうと、ちょっと現実を見失ってしまいかねません。中国のさまざな側面を切り出してみると、この国の違った顔がみえてくるような気がします。今日は中国のインターネット事情について報道されてきたことをご紹介したいと思います。
昨年で、中国のインターネット人口は日本と並びましたが、中国ネットワークインフォメーションセンターの発表では、2004年6月末時点で、中国のインターネット人口は8700万となり日本を抜いて世界第二位となりました。もちろん普及率では日本がはるかに進んでいますが、なにせ人口が13億人という国です。このインターネットをめぐっては、さまざまなホットな話題が渦巻いています。
続きを読む

女子大生が警官を取り押さえた話

おまけの話です。愛媛県で、女子大生がアパートの自室に戻るとそこに見知らぬ男がいました。空き巣泥棒です。空手でインターハイにも出たことのあるこの女子大生は勇敢にも、その男にしがみつき、まわりの女子大生と一緒に犯人を取り押さえたました。捕まえてみると、なんと犯人は・・・続きを読む

ヤッシーがバスガイド - 小泉首相も見習ったら

新聞には取り上げられていないようですが、はとバスと田中康夫長野県知事の共同企画で、1泊2日の「田中康夫と行く! 『南信州』秋の大収穫祭の旅」が、11日(月)、12日(火)に実施されました。田中知事が、東京からバスに乗り込み、自らガイドして長野県を熱心にPRする姿がTVで紹介されていました。このツアーは発表後すぐに満席になるという人気ぶりだったそうです。こういったパフォーマンスはどんどんやるべきですね。
対照的なのは小泉首相です。沖縄で米軍機が落ちても休養中ということで動かず、さらに自分の趣味で野球だ、ブラジルだと動き、またミス・インターナショナルの美女に囲まれ喜ぶ姿は本当に情けない限りです。企業も政治も同じですが、やはりトップ自らが動くというのは大切です。
続きを読む
モバイルにも強い
SFA営業支援システム
タイムラインも
営業ナビゲーターも標準搭載
スマートフォンでさらに
活用が広がります
actioncockpit
クラウド型
新世代SFA営業支援システム
アクションコックピット


そもそも
SFAとはなにかを知りたい方はこちら
SFAとは?
PR


記事検索
過去のエッセイ
大西 宏のプロフィール
マーケティングの実践の畑を歩んできました。生活用品・インテリア・化粧品・デジカメ・産業財など多くのジャンルに関わってきましたが、CI、人事システム、情報システム開発などのプロジェクトも体験しており本職がなにかを疑われそうです。
バブル以降、マーケティングは冬の時代であったと思いますが、昨今は、マーケティングを見直す機運が高まってきており嬉しい限りです。

■コア・コンセプト研究所代表取締役
■ビジネスラボ代表取締役

メールmail
講演・セミナー
講演・セミナーの講師ご依頼は
こちらまで
XML
  • ライブドアブログ