大西 宏のマーケティング・エッセンス

籠池劇場「刺し違え宣告」の段

幕が変わりまして、菅野さんという新たな役者が登場。「日本会議の研究」の著者です。発言内容には疑問符が並びますが、その舞台の裏には籠池さんがいて、菅野さんは、籠池さんが大芝居を打つための代理人を演じているようにも見えます。続きを読む

民進党には再建のためのブレーンが必要

安倍内閣はエネルギー消費量が増えるという計画を立てているそうです。2030年には現在よりも21%も増えるとか。それはありえないことで、原発再稼働を促進する根拠にしたいという以外には考えられない話です。それを蓮舫さんが予算委員会で突いたのはいいのですが、提示したグラフの初歩的なミスを世耕経産相から指摘され、爆笑されるなか轟沈してしまったというお笑い話は、今の民進党を象徴しているようです。
続きを読む

次々と湧いて出てくる森友学園の疑惑

まるで打ち出の小槌のようにつぎからつぎへと疑惑がでてくる森友学園です。いつになったらこの騒動が終わるのでしょうか。

それにしても、子どもたちに儀礼を躾ける資格がどこにあるのかと疑います。いやはや愛国どころか日本の恥というか、日の丸も泣いているのではないでしょうか。あまりにも疑惑が湧いて出てきているので、もうなにがなにかもわからなくなりそうで、いったん整理しておきます。もしかすると抜けているものがあるでしょうか。

続きを読む

ネット通販の「再配達」をなくす最善の方法

ヤマト運輸の値上げも、職場の悲惨な状態が伝えられ、それを改善するにはしかたないかというムードが広がっていますが、ちょっと待って欲しいのです。この値上げ問題に、菅官房長官が、アベノミクスの成果で「物流の流れが激しくなってきていることの一つの証左だと思う」とおっしゃっていたようですが、牽強付会もいいところです。消費支出は11ヶ月連続で減少。素直に考えれば、たんにEコマースの利用増で荷物が急増してきただけのことです。

続きを読む

梅見頃

京都は梅の名所が多く、今が見頃だというので梅宮大社と城南宮にでかけてきました。梅宮大社はそうでもなかったのですが、京都市内や城南宮はアジア系だけでなく欧米系の観光客の人たちがずいぶん目立っていました。
写真をクリックして、梅宮大社と城南宮の梅をお楽しみいただければと思います。

Ume

  季節的には河津桜でしょうか。梅宮大社に咲いていました。 IMG_0415

「枯れる」と「芽生える」

梅を見に行った京都の梅見大社は昨年咲いた紫陽花の花が見事に枯れ、まさにドライフラワーになっていました。その紫陽花の茎には新しい葉が芽生え始めています。写真をクリックすれば、きれいに枯れた紫陽花をご覧いただけます。

Dry flowers

今の日本に教育勅語はいらない

戦前の教育がいいといわれると萎えます。騒動の真っ直中にある森友学園は、そのいい教訓になりそうです。園児たちが大声で五箇条のご誓文や教育勅語を暗誦している映像を見ると背筋がゾッとします。

明治の頃、日本は急いで欧米に追いつこうと、産業を育成し、近代化を推進しようとしたのが「殖産興業」で、また列強による日本の植民地化を防ぐために軍事力強化をはかったのが「富国強兵」ですが、そのいずれにとっても、黙々と働き、皇国のためには自己犠牲を惜しまない国民を育てる教育が必要でした。

その洗脳教育のために大いに使われたのが五箇条の御誓文や教育勅語です。


続きを読む
メールマガジンのご案内

Foomii


購読料515円/月
毎水曜日発行
PR


モバイルにも強い
SFA営業支援システム
タイムラインも
営業ナビゲーターも標準搭載
スマートフォンでさらに
活用が広がります
actioncockpit
クラウド型
新世代SFA営業支援システム
アクションコックピット


そもそも
SFAとはなにかを知りたい方はこちら
SFAとは?
記事検索
過去のエッセイ
大西 宏のプロフィール
マーケティングの実践の畑を歩んできました。生活用品・インテリア・化粧品・デジカメ・産業財など多くのジャンルに関わってきましたが、CI、人事システム、情報システム開発などのプロジェクトも体験しており本職がなにかを疑われそうです。
バブル以降、マーケティングは冬の時代であったと思いますが、昨今は、マーケティングを見直す機運が高まってきており嬉しい限りです。

■コア・コンセプト研究所代表取締役
■ビジネスラボ代表取締役

メールmail
講演・セミナー
講演・セミナーの講師ご依頼は
こちらまで
XML
  • ライブドアブログ