大西 宏のマーケティング・エッセンス

関税で壁をつくる?結局負担するのは米国の消費者

メキシコとの国境に1989マイル(3200キロ)の壁をつくる、実際は今も壁は部分的にはあり、さらに延長するという話ですが、資材を売る会社や工事を請け負う会社にとっては願ってもないボーナスになるとしても、やがて痛い目に合いそうなのはアメリカの消費者です。

日経によればスパイサー報道官が、「検討中の包括的な税制改革案は、米国貿易赤字を抱えているのような国からの輸入に課税する仕組みだ。500億ドルの輸入に20%を課税すれば、年100億ドルの税収が得られ『壁』財源を簡単に賄える」という趣旨の発表を行い、またライアン米下院議長(共和党)も、「壁」の建設費について、下院は費用負担を承認するとの立場を示しているようです。
続きを読む

対馬の仏像を掠め取った韓国

驚きました。長崎県対馬市の観音寺から韓国人窃盗団に盗まれた仏像を韓国の浮石寺に引き渡しを命じる判決を韓国の大田(テジョン)地裁が下しました。倭寇が14世紀に略奪したものだからという理由です。提訴の以前に、韓国の専門家を交えた調査結果では、「倭寇による略奪の可能性は高い」としながらも断定はしなかった仏像です。それに、本当に浮石寺が持っていたものかどうかの証拠があるとも思えません。
盗まれた対馬の仏像 韓国寺院への引き渡し命じる=韓国地裁判決 : 

続きを読む

石原元都知事は豊洲問題から逃げ切れるか

豊洲市場移転の今後が不透明になってきましたが、土地購入当時の知事だった石原元都知事に「賠償責任はない」としていた都の方針を一変させ、見直すことを小池都知事が表明したことで、場合によっては土地購入費578億円を石原氏が支払わなければならない可能性も否定できなくなってきました。続きを読む

トランプ台風はいつ通りすぎそうか

大統領就任演説は、あいかわらずのトランプ節でしたが、合理的かどうかよりは感情に訴える手法には危険な香りがします。日本との貿易不均衡に触れましたが、日経が指摘しているように、おそらく日本市場で敗北したフォードの影響を受けてのものでしょうか。
続きを読む

海外が評価しはじめた観光地としての大阪

大阪というとたこ焼き。おばちゃんがヒョウ柄の服を着ていて、見知らぬ人にでも「飴ちゃん」をくれる。県民性としては、ずーずーしく、やたら値切るとか、ろくなイメージがありません。とうぜんつねに嫌いな県のトップに来ます。

続きを読む

安倍内閣支持率を押しあげるパラドックス

JNNが行った世論調査では、安倍内閣支持率が上昇しつづけ、67%に達しています。この間の仕事ぶりへの正当な評価の結果ということもあるのだとは思いますが、次期大統領へのトランプ氏の就任などで世界情勢の不透明感が増してきたことも影響しているのでしょう。しかし、安倍内閣支持率を押し上げるもっと別の、まるでパラドックスのようなふたつの力学が働いていることは間違いないと思います。続きを読む

「物語」で競いあう炊飯器

ニーズが多様化し、市場が細分化されてくると、できるだけ付加価値の高いカテゴリーでポジション取りを目指すというのもマーケティングの王道のひとつです。しかし、それを実現するためには、開発の根っこの部分としてのコンセプトづくりから発想の転換が必要になってきます。ネットという「買い場」が広がったことも、エッジの立った製品を成り立つ背景になっています。「この指止まれ」型のマーケティングといえるのかもしれません。続きを読む
メールマガジンのご案内

Foomii


購読料515円/月
毎月曜日発行
PR


モバイルにも強い
SFA営業支援システム
タイムラインも
営業ナビゲーターも標準搭載
スマートフォンでさらに
活用が広がります
actioncockpit
クラウド型
新世代SFA営業支援システム
アクションコックピット


そもそも
SFAとはなにかを知りたい方はこちら
SFAとは?
記事検索
過去のエッセイ
大西 宏のプロフィール
マーケティングの実践の畑を歩んできました。生活用品・インテリア・化粧品・デジカメ・産業財など多くのジャンルに関わってきましたが、CI、人事システム、情報システム開発などのプロジェクトも体験しており本職がなにかを疑われそうです。
バブル以降、マーケティングは冬の時代であったと思いますが、昨今は、マーケティングを見直す機運が高まってきており嬉しい限りです。

■コア・コンセプト研究所代表取締役
■ビジネスラボ代表取締役

メールmail
講演・セミナー
講演・セミナーの講師ご依頼は
こちらまで
XML
  • ライブドアブログ